海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2008年 03月 06日 ( 4 )

第3回古本大市は今週の土日です
c0010936_1943676.jpg

古本整理を、本日と明日の20時から22時まで、大同楽座で行います。

この時間に、古本・古書・古雑誌(審査あり)などの持ち込みも可能です。

by kurage874 | 2008-03-06 19:15 |  地域イベント情報
大同楽座通信~第20号~
c0010936_11494467.jpg

2月第20号の大同楽座通信です。

当初は、これをガリ版で制作する予定でした。

by kurage874 | 2008-03-06 11:54 |  大同楽座
朝から予定が変更
なんだか、体がソワソワとしています。
朝の目覚めが悪かったのか、夢を引きずっている感じです。

あれから、2度も電話が鳴るし、販促のfaxは届くし、訪問客が来るしで、バタバタと今の時間になりました。その後の予定も大きく変わってしまいました。

今日は天気もよいので、花粉症に気をつけながら、午後からの建て直しを図ります。

そういえば、今日付けの中日新聞三重版に、天狗倉山の記事が掲載されていました。

先月のKuunに、「尾鷲の話」で天狗倉山を書いていたので、親近感が沸きました。やはり、常連客は大勢いるようで、誰よりも尾鷲の身近な自然を満喫していました。

by kurage874 | 2008-03-06 11:48 |  クリーム日記
夢十夜の観音様
おはようございます。

寒くて目が覚めたら、今まで見ていたのが夢だと気づいて小さく驚きました。なので、漱石をまねるとはいきませんが、書き留めておきます。

「純粋なほどに、愛の形は不格好であいまいだと、観音様が呑気に微笑んで言ってました。しかしそれは、形がないようであればあるほど、実はしっくりと抱き合うと密着するもので、二人は深く寄り添うことができるそうです。」

観音様といっても、仏像で見る形ではなく、三十三間堂の軒下に腰掛けて聴いているので、おそらく千一体の中の自分によく似た観音様が、普通の姿に化けて説教垂れているんだと、客観的に感じていました。

「形のないものを信じることは、実はこれほどに空虚なことはないのだけど、人間は形にこだわり、形を求めてしまうから、実際に寄り添うとしっくりこなくなることが、往々にしてあるそうです。だから、形にしない愛のカタチを持つべしと、これまた呑気に観音様が言っていました。」

なにからの話でこうなったかまでは検討つきませんが、春うららのお堂を背に、観音様でないような観音様の話を聴いている自分の姿が、なんだかほっこりしていました。

だから、この世は試練と鍛錬なのだよって、もっともらしい言い方をするので、まんざら外れていないかもと感じながら、観音様が見上げた空を追うように、海月も見上げていました。

真っ青になりきれない苛立ちを感じるような淡い淡いブルーの空色が、いつまでも脳裏に焼きついています。なるほどそうか、青もひとつでないのです。

まったくヘンテコな夢でした。
もう少し寝るとします。
おやすみなさい。

by kurage874 | 2008-03-06 07:36 |  携帯リアルタイム