海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2008年 06月 08日 ( 5 )

自身の人生に、中上健次が見え隠れする
中上健次の小説を手にしたのは、確か10代半ばだった。
c0010936_173861.jpg


「岬」が先か、「19歳の地図」が先かは、考えているうちにわからなくなってしまったが、そこから中上作品を手にしたきっかけには違いない。秋幸に共感し、「秋幸のような青年になりたい」。そんなことを考えていたような記憶が残る。内面的には暴力的な思考が勝っていたのに、外面的には優等生だった自分への劣等感を蔑んでいたのかもしれない。

中上を語る人も多く、中上を偲ぶ人も多いが、当時の海月はそれほどの知識も無く、彼の作品が好きになり、新宮をうろついてみたり、浮島の森近くに住んでいた叔母のことを思い起こし、その叔母さんのことを、「新宮のオバ」と読んでいたのが、のちに「オリュウノオバ」と重なったりもした。

さらに、10年前くらいに、紀州に戻って来たからではないが、小学館から発行された「中上健次選集」をセットで買って、それまでに読んでいた作品も含めて読み返したのが、2度目の中上マイブームだった。考えてみると、学業で大阪に住んでいた時代は、中上作品からは自然と離れていたことになる。彼が言う「路地」を考えることが多いせいもあって、25歳から30歳までは、「紀州」で受けた影響を、彼の辿った道を辿りなおしたりもした。

そして、35歳になった今、柄谷行人の「中上健次と熊野」を手にしてから、中上作品や彼自身を多角的にみて語る作品を読むようになり、3回目といえる中上マイブームを迎えた感じである。プロジェクトCReAM主催の古本大市で手にした単行本の「紀州」も、当時の新聞切抜きが挟まれていた文庫版の「枯木灘」も、3回目の火付けには十分な出来事だった。それまでの所有が全て文庫版だったので、単行本をカフェでも並べようと探している。

中上作品では、「千年の愉楽」が後味悪くも強烈な印象として残っており、ルポルタージュでもある「紀州」は、自分の住んでいる紀州のサーガ(性)を突きつけられた気がした。海月の中上系譜によれば、40歳まではこのブームが続くと思われ、精力的に中上作品や中上健次を受容しようと考えている。

「新宮にも行ってみたい。」

そう今は思っている。

by kurage874 | 2008-06-08 18:12 |  クリーム日記
映画日和
DVDをレンタルしてきた。

今回のラインナップは次の通り。

 ・スキヤキ・ウエスタン「ジャンゴ」(2007年、三池崇史監督)
 ・サクゴエ(2007年、本田隆一監督)
 ・銀河鉄道の夜(2002年、杉井ギザブロー監督)
 ・デイズ・オブ・グローリー(2006年、ラシッド・ブシャール監督)

ジャンゴは、他のDVDの予告編で興味を持ったが、キャストが豪華だけに、てんこ盛りな内容で、なんの感想もためらいもない感じである。ちょっと、豪華な役者で遊んでみました的だったな。それにしても、源氏側の大将が、窪塚洋介と被ってしゃあなかった。

サクゴエは、これから。

銀河鉄道の夜は、音楽が細野晴臣なのでレンタルしたが、内容的には15分持たなかった。カンパネルラは、アニメで限界やなー。やっぱり、宮沢ワールドの映画化は難しいのかな。って言うよりも、これは忠実な再現ではないので、求めたら酷だな。

デイズ・オブ・グローリーは、フランス映画で、公開時に一部メディアでも取り上げられていた話題作である。フランス植民地だった地中海南岸部のモロッコなどから、第二次世界大戦の対ドイツ前線に、彼らが徴収されて赴いたドキュメンタリータッチの映画である。過酷な戦闘と差別にさいなまれながら、見たことも無い祖国の解放を信じて葛藤するさまは、「戦争では何も残らない。残るのは、墓標と生き残った者の後悔と自責の念」を上手く表現していた。

「いや~映画って本当にいいですね。」

by kurage874 | 2008-06-08 13:09 |  クリーム日記
今日は旧節句、なのでチマキを食べました
昨日に行った賀田のみのや製菓舗で、旧節句のチマキを買いました。
c0010936_1142487.jpg
菖蒲のアクセントも


「明日は旧節句なんでね」

旧暦の節句を祝う風習を知らなかったので、今の時期のチマキは不思議でした。しかし、こうした風習が残っているのは、なんだか嬉しくなります。

今日は、菖蒲の湯に入ろうかいな?

by kurage874 | 2008-06-08 11:49 |  クリーム日記
アトリエ萌でまったりとコーヒーブレイク
ドライブの最終地点の九鬼では、アトリエ萌に立ち寄った。
c0010936_0285869.jpg


金・土・日のみ営業で、13時~17時までという時間帯です。

オーナーが御浜町で陶芸をしていて、他の作家さんの織部や瀬戸も並べてあります。もちろん、どれも購入することが可能で、海月はオーナーの奥さんが焼いた湯のみを買いました。

アトリエの切り盛りは、九鬼在住の友人がしていて、しばし九鬼の四方山話をしてきました。

こそっと出かけて、お茶タイムにオススメです。

by kurage874 | 2008-06-08 00:36 |  owaseを食べる
尾鷲の海岸線をドライブ
イタダキ市→平和園のあと、owasebonの配布に賀田まで走った。
c0010936_2351471.jpg
三木里IC


c0010936_23505759.jpg
古江


c0010936_23511956.jpg
賀田


c0010936_23535411.jpg
猫と雉


c0010936_23544255.jpg
どこでしょう?


c0010936_2355739.jpg
古江を望む


賀田から三木里に戻り、三木浦に立ち寄ったあと、九鬼まで走った。

賀田では、ニャンコが野生の雉を狙っている場面に出くわした。
結局、ニャンコが慎重しすぎて、雉は知らん振りでエサ探ししていた。
「人生、慎重しすぎてもだめだニャー」って、猫に教わった気がした。
雉のように、何食わぬ顔で闊歩するって、かっこよいかも知れない。

そんなこと考えつつ、海岸線をドライブしながら、晴れた日にまた来ようって思った。

楽しきってった。

by kurage874 | 2008-06-08 00:23 |  owaseを愉しむ