海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2008年 12月 15日 ( 2 )

心の準備と、スタッフ募集のお知らせ
今日の尾鷲は、晴れていた分だけ日が陰ると寒いです。

師走というだけに、イベントも差し迫ってきました。
プロジェクトCReAMやowasebon製作委員会のスタッフだけでなく、興味ある方の猫の手も借りたい状況なので、この際に参加をされてはいかがでしょうか?

■会議など
・15日(月) 19時~ 年末イタダキ市企画会議(於:商工会議所)
・15日(月) 20時~ owasebon第23号編集会議(於:カフエクリーム)
・16日(火) 19時~ 尾鷲市ボランティア連絡協議会定例会(於:福祉保健センター)

■イベントなど
・20日(土) 08時半 年末イタダキ市
・21日(日) 08時半 年末イタダキ市
・21日(日) 08時半 大同楽座楽市
・26日(金) 19時~ 食持会(於:大同楽座)

■準備など
・16日(火) 19時半 年末イタダキ市杉玉準備
・17日(水) 夕方 年末イタダキ市電源配線準備(於:イタダキ市会場)
・18日(木) 19時~ 大同楽座楽市準備(於:大同楽座)
・18日(木) 20時~ 年末イタダキ市準備(於:大同楽座)
・19日(金) 夕方 年末イタダキ市飾り付け準備(於:イタダキ市会場)

ちょっとの時間でもよいので、それぞれご協力お願いします。

by kurage874 | 2008-12-15 16:37 |  地域イベント情報
ボランティア育成事業がありました
今日は、尾鷲市福祉保健センターで、尾鷲市ボランティア連絡協議会主催のイベントがありました。

ボラ連のメンバーでもあるプロジェクトCReAMは、「避難所でもできるハンドトリートメント講習」を実践しました。
c0010936_23214598.jpg


c0010936_23221013.jpg


c0010936_2321793.jpg


実際に、中越地震の避難所などでも実践されていて、避難所生活の窮屈さや苦労を和らげる意味でも、また、傾聴の意味でも、効果的な活動だと感じています。

災害救援ボランティアは、被災地に滞在できる時間が限られていることが多いです。その中で、少しでも早く習得でき、誰でもできるこの活動は、全国的な広がりを見せており、協会や団体などでも取り入れられてきています。

今日のイベントには、ほとんど顔を出すことができませんでしたが、メンバーからは、「50名くらいの参加がありました」との報告を受けました。この活動のよいところは、避難所の想定でなくても、気軽に日常生活の中で体験できるきとです。

少しずつですが、こういった活動を広げていくことで、日常生活でできることが、非日常でも通用することを知っていただき、また、避難所生活がどんな苦労を伴うのかを、擬似的にも知ってもらえたらと考えています。

by kurage874 | 2008-12-15 00:06 |  市民減災まちづくり