海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2009年 05月 17日 ( 3 )

時間はかかるけれど
きょうの楽座楽市も盛況でした。

あいにくの天気もなんのその、ちょっと方向性が見えてきた感じです。
c0010936_23202932.jpg
微笑ましいこと


c0010936_23211483.jpg
ほんま気持ちよい


c0010936_23242433.jpg
新作があった!


c0010936_23252377.jpg
お茶を煎る


c0010936_2326650.jpg
お茶を揉む


c0010936_23263526.jpg
お茶をほす


こうなるまで、時間はかかりました。
もちろん、たくさんのお金も使いました。
けれど、関わる人たちの汗や涙や笑いや喜びが、今の大同楽座を形にしてきました。

「ああ、あのボロ家のとこな。」

そういわれると、心の中で、「ちゃうわい。」って言っています。
古民家再生やセルフリノベーションなどと、言葉をしらないときからやってきたのです。

「尾鷲にもこんなとこあったんやな。」

時間はかかりますが、確実に根付いている気がします。
7月には、常駐で雇用できないかを模索しています。
それは、大同楽座にとっては、確実な進展です。
また、時が来れば募集します。

by kurage874 | 2009-05-17 23:35 |  大同楽座
大同楽座楽市も36回目
天気悪いけれど、雨は降っていません。

楽座楽市は、めずらしくけっこうはやっています。
c0010936_1017583.jpg


c0010936_10182489.jpg


c0010936_10185091.jpg


お茶作りや初の出店など、わりと目白押しです。

遊びにきてい。

by kurage874 | 2009-05-17 10:20 |  大同楽座
忌野清志郎がうたう世界、本が語る人生
忌野清志郎、RCサクセション、THE TIMERS…

うたっているのは一人だけど、海月の思春期に、大きく影響を与えた。一方、太宰治を読みふけり、三島由紀夫を読みふけり、中上健次を読みふけり…海月の思春期は、音楽と本で、ある種の人間形成をなしたのかも知れない。

反骨精神も、世相批判も、恋愛感情も、全て歌と本とがリンクした。「なりきりと、思い込みと、勘違い」で、海月の10代後半は、その後の20代を位置付けた。10代でモンモンとしていた他人任せが、20代で待っていたかのように爆発したのかもしれない。

走る、走る、走る。

そうした人生はかっこよいとは思わないが、「ダサい」とは言わせない。30代も後半にさしかかった今、「見えなかったモノ」が見えるようになってきた。だから、大人になってよかったと思っている。これからも、もっと見えるかも知れないし、そのぶん見えなくなることもあるかも知れない。それでも、走ることはやめられそうにない。

だけど、突っ走ることが体力的にもできなくなって、「走ってるけど、実は走りきれていない」ことに気づくことができるようにもなった。そして、忌野も、太宰も、三島も、中上も、みんなそうして人生を突っ走ったと思うようになった。しかし、同じような道は歩めるはずもないし、それは、自分自身で切り開くしかないのだ。

間違っていない人生を歩むとは、実に楽しく苦しい。

そうした混沌としたカオスのような中で、海月は踏ん張って笑っている。

by kurage874 | 2009-05-17 00:41 |  クリーム日記