海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2009年 06月 19日 ( 2 )

週末は大同楽座楽市
c0010936_16123378.jpg


6月の楽座楽市は、出店が少ないです。
ものづくりイベントも少ないかな。
まだまだ募集はしています。

石窯づくりをはじめるので、これはおもしろくなります。
ボルダリングは、近いうちに資材を手に入れます。

遊びにきたってい。

by kurage874 | 2009-06-19 16:14 |  地域イベント情報
尾鷲の明と暗
明るい話と、ちょっと寂しい暗い話。

まずは明るい話。
夕方、妊婦の彼女と散歩しました。

海月が、にゃんこ道と呼んでいる尾鷲神社までの路地を歩き、北川に浮かんでいるカメをみたあと、夫婦楠に手を合わせます。文治橋を渡り、錦湯跡の路地を歩き…この路地は、海月にとっては緑の色濃い路地で、庭先のたくさんの色とりどりの植木が見ものです。とくに、尾鷲の鉢植えに多いギボシがきれいです。

路地をあがり、「宿街」と呼んでいる通りに出ると、呉服のうえむらに立ち寄ります。リニューアルオープン1周年で、29日までセールをやっています。和の小物や雑貨が豊富で、ついつい手にとってしまいます。尾鷲イタダキ市にも出店していて、立ち寄ると何かしらの小物をこうてしまいます。この日も、赤ちゃん用のヨダレカケ(スタイと言うらしい)などこうてしまいました。あと、自分使い用のマグカップは、早速のお気に入りです。

そのまま路地を駅向いてあがり、竹本魚店で、夕食用の刺身を買いました。今日は、カツオとシメサバを1,000円で買いました。ちょっと贅沢ですが、味や新鮮さは折り紙付です。ぴよっと買える環境が嬉しいです。野地乳児の跡地利用を想像し、「耐震できてのうても、廃墟になるよりは使いたいよなあ。」って気持ちになりながら、商店街通りをカフェに戻ってきました。

短い距離で、欲しいものが手に入り、路地の移ろいを感じることができる。これが、尾鷲の路地が楽しめる王道だと感じます。


次に暗い話。
と言うか、ちょっと寂しい話。

商店街通りの玩具屋が閉店しました。まだ、完全閉店ではないようで、たまに全品50%OFFをやっています。それでも、だいぶ片付けられていて、半シャッターになっています。いつも、季節ごとや孫らしき手を引いたおじいちゃんなどが通っていただけに、店舗がなくなることは寂しい限りです。

あと、商店街通りに近い子供服も閉店します。突然の閉店告知で驚きましたが、「インターネット販売の業績はあっても、実店舗売りの減少に歯止めがかからない。」との言葉でした。確かに、1年位前から、消費の落ち込みは激しく顕著になっています。飲食店も、うちのカフェもしかりです。生活に必要不可欠でない消費が落ち込んでいる中で、「閉店する勇気がいったよね。」が印象的でした。

海月にとっては、これから子どもが生まれることもあり、2つの店舗は楽しみにしていました。手を引いたわが子に、「しゃあないなあ。こうたるわい。」って言いたかったお店です。それだけに、ちょっと寂しくショックですが、これが尾鷲の現実です。「なんとかせな。」とは考えても、その答えは見つかっていません。でも、見つけなくては、路地遊びもできなくなってしまいます。

言えるとすれば、「消費することは、生活していく」ことなので、もう少し「地消」することを意識せならんのかも知れません。「このまちで事足りる」ようになれば、まちの中で消費することも増えるでしょう。解決にはなりませんが、たとえばそう意識していく必要があるのかも知れません。

間違いなく、尾鷲の生活のしやすさは、こういった環境があるからなんだけどなあ。

by kurage874 | 2009-06-19 00:42 |  海月のぼやき