海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2009年 12月 28日 ( 1 )

一番街の忘年会と、商店街通りの行く末
今年もあとちょっとですね。

一番街の忘年会がありました。
同時に、手芸のカンナさんのお疲れさま会もしました。
なんでも、42年と2ヶ月、この商店街通りで営業をしたそうです。
一番街でも、金庫番をやっていただいておりました。
本当に、お疲れさまでした。
寂しくなります。

そんな忘年会でしたが、生き残っている?商店主の声を聞きました。

「今までの考え方をひっくり返さないと、これからはやっていけない。」
「空き店舗対策以上に、放置店舗の解消が先では?」
「商店主がひとつにならなければ、生き残っていけない。」

どの店舗も、創業70年や50年を超えていて、短かいといっても20年は経っている、尾鷲の商いを底辺で支えてきた人たちの声です。海月のカフェは5年目なので、まだまだ小童です。その店主たちも、今までにない不況や現状に、ドバッとのみ込まれないように必至でやっています。

確かに、尾鷲市には、空き店舗に入居を促す施策はありません。しかし、それ以上に、放置店舗の対策は、実は急務であっていいはずです。こないだの台風18号は、そんな現実をまじまじとつきつけてきました。放置といっても、持ち主はわかっている店舗がほとんどなので、行政主導で何かの対策を講じることは難しいでしょう。

しかし、地震が来れば大破するだろうし、火事などの危険性も高いです。年々朽ちていっているので、ゴキブリや野良猫やネズミの巣になっていることも考えられます。そんな店舗が、商店街通りには少なくありません。いっそうのこと更地にして、駐車場にするか、あるいは緑地化することができれば、憩いの場になるだろうし、災害時の退避的な役割にも貢献する気がします。あとは、行政がどう絡めるのかを、商店主や持ち主たちと考えるときがきています。

熊野市は、中心市街地としての位置づけをもとに、官民協働の施策が打ち出されていました。しかし、尾鷲市の中心市街地は、なんとなくぼやっとしたままです。直近の課題として、商店主たちの連合会のあり方を考えるべきですが、行政の施策が後押ししなければ、商店主だけでは、もうすでに首が回らない状態です。ほかのことまで考える余裕すらないのが現実です。

それでも、一番街の忘年会でも感じましたが、残っている商店主たちの思いは熱いです。その熱が冷め切らないうちに、次の行動を起こすことが大事だと感じました。誰かがやってくれるのを待つのではなく、積極的に打って出ることが大事なのかも知れません。

ちょっと、できる行動をしてみようと思います。
まずは、データの収集からになります。

by kurage874 | 2009-12-28 00:44 |  海月のぼやき