海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2010年 03月 09日 ( 2 )

逆境からの挑戦に、自分とまちを重ねてみる
昨日の夜ですが、NHKのスポーツ大陸を見ました。
番組内容は、アイスホッケーの鈴木貴人さんについてでした。

簡単に説明すると、日光アイスバックスに所属する、鈴木の逆境人生に焦点が当てられていました。鈴木は、過去に13回の優勝を誇りながら、廃部になったSEIBUプリンスラビッツから、アイスバックスに移籍してきました。選手兼コーチとして、チームの主軸となる日本代表の主将である鈴木は、高額の年俸や海外チームからのオファーも断り、年俸がダウンするのを覚悟でバックスにやってきたのです。しかし、昨シーズン、チームはリーグ最下位になります。

アイスバックスというチームは、古河電工が廃部した後、日光市のバックアップで再スタートを切ったリーグ唯一のクラブチームでした。鈴木は、「ファンが支えるチームが強くなってこそ、アイスホッケーの底上げにつながる」と言っています。アイスホッケー自体、バンクーバーオリンピック出場を逃すなど、日本のアイスホッケー界は厳しい時代を迎えています。そこに、鈴木の逆境人生が語られていました。クラブチームゆえの弱小チームだけでなく、給与が支払われないことなど、厳しい運営もクローズアップされていました。

海月は、テンポよく進んでいく放送を見ながら、「地域で支えるクラブチームってどんなんやろか?」と考えていました。給与が安いだけでなく、支払われない環境の中で、ファンである市民が、お米の差し入れもしていました。地域支えられることに、鈴木も着目したからこそ、弱小チームでもアイスバックスに移籍したのです。

終わったあとも、そんなことを考えていると、まさに現地で支援している友人からメールが来ました。そういえば、彼はアイスバックスのことをよく話題にしていました。そのメールには、栃木県とスポーツについての関係も考察していました。それを知ることによって、さらにこの番組の裏側をみた気がしたので、ここでも端折って紹介します。

「栃木県日光市は、今は9万人を超える人口を誇っていますが、合併前は1万5千人ほどで、東紀州の地域とも、世界遺産などで共通点が多い自治体でもあります。 また、古河電工の企業城下町でもありますが、バブル崩壊後は、過疎化が進んでおります。

そんな小さな町の日光アイスバックスは、スポンサーや行政からの支援と、ボランティアで成り立っているチームです。 選手の給与は、若い選手だと月に8万円月程度の収入しかありません。それですら、遅配が起こるような状況で、過去10年間に運営会社の倒産も3度発生しています。 それでも、「われわれの町のチーム」として、ファンや地域で支えており、毎年のごとく、募金活動を行ったり、署名活動をしたりしながら、何とか食い繋いでいる状況です。 けれども、このチームは、番組の中であった、アイスホッケー界の未来を担う事だけではなく、これからの地域社会や、スポーツと地域の交流に大きな役割を持っているような気がします。

栃木県は結構スポーツが盛んな県で、Jリーグの栃木SC、バスケットボールのリンク栃木ブレックス、自転車競技の宇都宮ブリュッツエン(熊野ロードレースで優勝)など、4団体が在籍する多彩な環境です。それぞれが、地域に密着した活動であり、親会社に頼らない運営と、地域社会に根ざす取り組みを行っています。地域社会と行政、そして企業が一体となって取り組む姿に、地方の新しい活路が見出せるような気が、このスポーツ団体を通じて思えてなりません。」


なるほど、番組をつくった意図も理解できた気がしました。鈴木は、ここまでのことを感じていたかはわかりませんが、インタヴューのニュアンスからも、意図するところはありました。行政っぽく言えば、「協働」とかになるのでしょうが、地域で共通の目標を持ち、目標を共有して支える姿は、この東紀州でもあっていい手法だと感じました。確かに、そんな場面には、逆境に負けないストーリーがあります。

鈴木がこのチームに惚れたのは、海月の友人のようなファンがいるからで、これがもう少し大きく広がれば、チームや取り巻く環境も改善されていく気がしました。茨の道かもしれませんが、人は人でしか支えられないだけに、そこに住む人たちで支えなければ継続はできません。

ちょっといい話を聞いたので、「海月も頑張ろう」って思いました。

by kurage874 | 2010-03-09 22:05 |  海月のぼやき
3月9日
今日の雨はよく降ります。

毎年このタイトルで書いてるかも?
レミオレメンの3月9日が好きです。

卒業式ソングで、毎年1位になっているそうですが、歌詞やPVをみれば、結婚式の歌だとわかります。海月は、あのPVがとくに好きなのです。とてもうまく構成されています。しかも、今日はPVと同じ火曜日です。そして、今日は尾鷲中学校の卒業式に出席してきました。

 青い空は凛と澄んで
 羊雲は静かに揺れる
 花咲くを待つ喜びを
 分かち合えるのであれば それは幸せ

 この先も 隣で そっと微笑んで

 瞳を閉じれば あなたが
 まぶたのうらに いることで
 どれほど強くなれたでしょう
 あなたにとって私も そうでありたい

この部分の歌詞が好きですね。
カラオケで、ほんとたまーに歌いますが、PVのシーンを思い浮かべています。あと、子どもは2人以上欲しいと思う場面ですね。

by kurage874 | 2010-03-09 21:13 |  尾鷲の足あと