海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2010年 07月 11日 ( 1 )

東紀州の格差は、誰の責任か?
雇用、人材、助成金・補助金、産業振興、公務員、政治…

東紀州では、どれも取りざたされるキーワード。
で、どれも海月の身の回りについてまわっている。

海月に感化されたわけではないが、似たようなことを語る仲間が増えてきた。おそらく、この地域、東紀州地域の特異性に馴染めない人たちが、海月の周りを一緒に浮遊するようになってきている。しかしそれは、この地域ではマイノリティな存在で、キーワードをうまく連携させているマジョリティーが、この地域では成功したかのように見えている。しかしね、それはそう見えているだけで、もっと高いところからみると、熱に打たれて踊らされているともいえるのではないか?

僕の長い付き合いの尾鷲の友人が、mixiの日記でだが、雇用について興味深い考察を書いていた。「なるほどなあ」って感心しながら同感したんだけど、それぞれのキーワードを、こと真剣に考えといこうとするから、ああいった考察になるんだと感じた。それは、正しいことなんだけど、この地域では、そういう考えではやっていけないのである。雇用を人づくりと考えるのではなく、雇用を助成金・補助金の支出の一部と考えるだけで、案外うまくいったようになるのである。しかしそれは、そう見えているだけである。他に例えるならば、産業振興を真剣に考えても、この地域では無理が生じるので、同じように助成金・補助金を得るための手段と置き換えれば、なるほど合点がいくのである。でも、それは、くどいようだがそう見えるだけである。

結局は、この地域は何も残らずに、過疎化と少子化が進むだけである。隠国や隅野と呼ばれた時代は、この半島は治外法権のような統治をやっていたはずである。自然の奥深さや、距離的な関係から、中央からの支援や援助がない代わりに、自治を許されていた地域が本来である。それが、いつしか公的な人材の巣窟になり、そこからの支援なくしては、何もできない地域に成り下がってしまったのではと思うときがある。いつのまにか、見えないパワーバランスで、飼いならされたというか、すぐに尻尾を振ってしまう地域になってしまった気がする。

確かに、人口は少ないし、産業はないし、三重県の南部は、北部の四日市や桑名とはえらい違いだ。公務員を除いた所得の格差も大きいし、高速道路が通ったところで、大集団を引き寄せる観光地や景勝地といえるほどの目玉もないのである。まさに、何もないのがよいところで、それをよしとする人しか受け入れられない地域であるのだ。そこに、あえて公的資金のメニューを多数つぎ込んでも、緊急雇用やふるさと雇用などの付焼刃の支援をやったとしても、そのときだけ、特定の住民が潤うだけで、長い目で見れば、そうやって疲弊していくのである。

率先的な市民と、うまく渡り歩く住民とは、明らかに違うはずなのに、この地域は、とかくうまく渡り歩く住民が、なんとなしに重宝され、エサ無しではやっていけないように、飼い殺しされていくのである。東紀州地域こそが、地域間で支えあう仕組みのシステム化とネットワーク化しなければ、こうも公的資金だのみの活動が蔓延していくと、あとに残る者はたまったものではないのである。それは、ちょっと調べてみるだけで、この地域の率先的な活動っぽい裏付けは、いつコケルかわからない公的資金頼みが浮き彫りになるはずである。

mixiで雇用について語った友人は、真面目に真剣に、雇用について考えているのだけど、ゆがんだこの地域のジレンマが、友人の考えの方が間違っていると、指摘をしているようなものである。しかし、昨日の夜に、商店街の店主の集まりがあって、最後まで残った若手といえる店主との話にも繋がる部分があって、「自分たちでなんとかせなならんのに、その気力を奪われているのも確か」と、過剰なサービスで、主導権を奪われている現実を感じたところである。しかし、マイノリティかも知れないけれど、「いまのままではアカンのはわかる」と感じる人が、ボヤーっと見えてきた気がするのである。

海月のやっていることが、未来永劫に残っていくやり方だとは思わない。だけど、それを実践する人がいなければ、東紀州の格差に甘えるしか手はないのかとなってしまう。志はあったのかもしれないが、そうやって東紀州にやってきては、くるりと背を向けて出て行く人は、あとをたたない気がするのだ。旅人は、いつかは再び旅に出るものだが、腰をすえるという覚悟をしてしまうと、これほどの茨の道はないのである。それでも、この地域の魅力を熟知しているから、マイノリティでもいられ続けるのである。

ときとして、考えることがある。今は、市議の身分をいただいて、その報酬を地域に返しているつもりでやっているが、これがスケールアップすれば、市議の2倍から2.5倍の報酬を当て込むことができるのだ。そのような稼ぎを、地域の事業所ですることは至難の業なので、自分でそのくらいの規模の事業を成功されるか、スケールアップするしか道はないなとも考えるのである。

高望みはどれだけでもしていいだろうが、現実に向かうような望みでなければ、海月にとっては意味がないのである。または、そういう時間を悠長に待つだけのご時世ではないことを、もっと親身に考える必要があるのではないかと感じるのである。

海月も、友人と同じく、考えに考える毎日である。

by kurage874 | 2010-07-11 00:32 |  海月のぼやき