海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2010年 07月 16日 ( 2 )

なぜに、人が集まらないかを考える
7月と8月は、イベント目白押しです。

ほとんどのイベントが、自主イベントです。
自主の場合は、支出を伴うので、出費もかさみます。

たとえば、6月の二重被爆の上映会は、コアスタッフが3万から最大4万5千円の赤字補填をします。収益も伴うので、利益が出れば、自分たちの自主事業に還元し、赤字が出れば自己負担する、わかりやすい仕組みです。しかし、この仕組みで、6年目の活動を継続させています。他に妙案はあるのかな?

明日も、県立熊野古道センターで、ドキュメンタリー映画「ただいま そろぞれの居場所」の上映会を開催します。「介護の話なんで、行政とか社協とかの共催なんかな?」と聞かれましたが、これも自主イベントです。そりゃあ、このような映画の場合は、公的機関の支援も欲しいところですが、おそらく、積み上げていくイベントへの支援なんて、想定範囲外のことかも知れません。

■「ただいま それぞれの居場所」の上映会のお知らせ
 http://crepm.exblog.jp/14756547/

こういう映画の上映会は、この地域で頻繁にあって欲しいです。メジャーな映画なんて、DVDでレンタルできるけど、こういう映画は自主上映でないとみられません。そういった空気がわかるかどうかです。

上映会の次の日には、商店街通りの夏祭りです。
今年で4回目で、あとで詳しく告知します。
ギターディオ「なないろ」の演奏もあります。

これも、商店街通りでのイベントですが、実行部隊はプロジェクトCReAMになります。2-3人で企画し、当日までの準備を進めています。当日は、ボランティアスタッフがちいとばかり増えます。商店街を盛り上げる気持ちもあってやっていますが、関係各所がこぞって参加とまではいきません。なんでやろか?

それと、来週末の24日は、紀北町の燈籠祭で、ごみナビゲートボランティアです。1年でもっともボランティアが集まるイベントですが、今年は定員の40名どころか、目標の30名にも達していません(12名…)。あきらめるわけにはいきませんが、「本当の意味でのボランティアが定着していない地域だなあ」って感じます。こういうところに、人口の少なさなどを痛感します。

■紀北町の燈籠祭で、環境ボランティアしてみませんか?
 http://crepm.exblog.jp/14766337/

これが終われば、尾鷲市の港まつりでも、ごみナビがあります。今年は、ボランティアが大きく2つに分かれるので、変則的な開催は否めません。ボランティアのあり方を再認識するきっかけになりましたが、この地域では、ほんとうに難しいと感じるところです。しかし、それが掟であるならば、やがてはそうなっていけばいいわけで、そのときはお役御免というだけです。

それよりも、こちらも定員40名の募集ですが、初期に参加した人材が、こぞっていなくなっています。気づいていないわけでもないでしょうが、どうして継続できないかを検証しています。物事を定着させるには、企画側の地道な活動や努力が不可欠です。それが継続していくことで、方向性や変化が生まれますが、この地域では長続きせずに、3年もすれば「リセットしたがる病」に襲われます。

リセット病に侵されたイベントでは、振り出しに戻るようなことが起きるので、継続の力は元に立ち返り、スタッフも一新されるか、古株の箸にも棒にもならないような人材が残ります。それが、経験値でもってやってくるので、新しい風はよどみ、やがてはイベントそのものが風化していきます。そうならないために、海月たちも次世代や横のつながりを模索しているのですが、周りを見渡しても、似たような意識の活動が見つけれていません。

介護福祉を考えるドキュメンタリー映画の上映も、この地域の祭りを支援する環境ボランティアも、この地域のしきたりに変化を加え、ちょっとばかり次世代に残せるようにと企画しています。そのためには、ストイックといわれようが、「自分たちのしたいことは自分たちでやる」のが原則です。右も左も、「焼き直し、やり直し、仕切り直し」の企画やイベントが多く、ほとんどが引っ張ってきた銭をあてにしているので、数年後には同じことを繰り返すことになります。

「もういいかげん、そんなことをやめようよ」

って人材の不足を痛感します。なのに、あとからあとから涌いて出てくるのは、後者の企画やイベントばかりです。で、すぐに無くなっても、そのときの責任的立場の人材は、知らぬ存ぜんです。達成感を味わいたいだけの企画やイベントならば、よく似た創造的な携帯ゲームやインターネットゲームで体感できます。ぜひ、そちらのバーチャルでやって欲しいものです。リアルでやられると、必ず揺り戻しであとに響いてしまいます。

「なぜに、人は集まらないのか?」

それは、災害時に答えが出ます。
突拍子もないようなことですが、必ずそうなります。

2004年10月に、組織だって人材を集まられなかった教訓さえ克服できていれば、もう何もいうことはありません。それができていなければ、必ず同じ轍を踏むことになります。

by kurage874 | 2010-07-16 23:43 |  海月のぼやき
ゴソゴソさらさに、やってはみたものの…
各地域の豪雨災害が心配です。

さらさも順調に成長し、つかまり立ちから、自立もしかけています。
ゴソゴソと動き回るので、危なっかしくて目が離せません。
ちょっとでも離すと、「ゴン」とか鈍い音がして、続いて大泣きの声が。
慌てて見にいくと、ありえないところでひっくり返っています。
c0010936_042833.jpg
こんなん買って


c0010936_045433.jpg
こうして取り付けて


というわけで、DIYで材料を買って、トンカンしました。
成長に合わせていらなくなるので、応用が利くもので揃えました。
c0010936_013978.jpg
こんなんになって


c0010936_014055.jpg
できあがり


6枚のスノコと、18本のL字の棚受けと、掛け金やラッチや打掛やらを買い込んで、電動ドリルでこと足りました。できあがりも大雑把で、妻からは、「北浦動物園って言われそう」って言われました。
c0010936_0220100.jpg
ふっふーん


c0010936_0222890.jpg
檻じゃないよ


さらさにとっては、目新しいものなので、ちょいコーフン気味にあちこちと触りまくりでした。スノコの隙間が大きいので、つかまり立ちも簡単にできますが、いつかはよじ登りそうです。で、このままの床だとゴッツンします。でも、ここに敷くカーペットがあるので、床の弾力性にもうちょい工夫します。
c0010936_0304797.jpg
なんでそっちにいけないの?


普段は、分解して取り外しもできます。でもこれは、さらさを放置するためでなく、ここで一緒に作業をしながら、大事なものや危険なのモノを触らないようにするためです。なので、親子一緒に檻の中です。

…檻じゃないよ!

by kurage874 | 2010-07-16 00:38 |  さらさに贈る言葉