海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2010年 07月 18日 ( 2 )

第4回商店街通り 灯りと縁日
もう4回を数えるんですね。

世界遺産登録も、今年で6年目です。
明日は、天気もよさそうです。暑そうかも?
c0010936_042050.jpg


早出のスタッフは、15時にカフエクリーム集合です。
遅出のスタッフは、17時にカフエクリームです。
それ以外は、商店街通りで声かけてい。
初顔合わせの面々が集います。
ぜひ、後日打ち上げせねば。

商店街通りを使って、灯りの演出と、縁日をします。
カフエクリームの会場では、ギターデュオなないろの演奏があります。
告知がいきわたっていないので、人の入りが心配です。
なないろは、そめやなないろのなないろです。
c0010936_0543617.jpg
そめやなないろ


美笑会と、弁天宗尾鷲教区青年団も参加します。
飛び入りの参加も検討します。声かけてい。
ただし、飲食を伴う場合は、臨時の許可を出している業者のみです。
まずは、お問い合わせ下さい(22-5554)。

灯りを並べるだけでも、感動モノですよ。
見にだけでもきてい。

よろしくお願いします。

by kurage874 | 2010-07-18 00:48 |  地域イベント情報
サンティアゴ・デ・コンポステーラと熊野古道
今日は星空きれいですよ。
天の川もみえていますよ。GO!GO!

さて、どちらも世界遺産の道です。
今夜の大同楽座には、伊勢路を踏破中の青年と壮年が逗留しています。2人とも、初めての顔合わせを、大同楽座でやりました。同じくらいに伊勢神宮を出立し、青年は5日、壮年は6日かかったそうです。その壮年とは、石窯でお馴染みの二瓶さんです。いまは、真っ黒に日焼けして、青年も同じ状態でした。

その青年の方は、県立熊野古道センターで声をかけました。
なんでも、「夢古道の湯」に浸かりに、馬越峠から歩いていたそうです。

「伊勢路の踏破中かいな?だったら、泊まるとこあるよ」

野宿をしながら踏破しているというので、大同楽座を勧めました。
28歳かになる彼は、スギちゃんと呼ぶことにしました。

「こういうことになるのは、(伊勢路で)はじめてです」

聞けば、ここまでの道のりでは、あまりよい思いをしなかったそうです。それは、ここに来る前に、サンティアゴ・デ・コンポステーラを歩いてきたからかも知れませんね。あっこは、巡礼道として認知度が高いし、お接待の精神が浸透しています。まあ、四国遍路に近いかもしれないしね。

その青年いわく、「サンティアゴ・デ・コンポステーラで、スペイン人に「熊野古道があるじゃないか!」と聞かれて、だったら歩こう」となったようです。スペイン人に教えられた熊野古道なので、なんだか面白いでしょ?世界は狭い。

とりあえず、明日の商店街通りの夏祭りも、スタッフ参加してくれます。なので、彼や二瓶さんに伊勢路踏破の話を聞きたい方は、大同楽座を訪ねるか、朝8時ごろにカフエクリームに出没するらしいので、モーニング食べがてら遊びに来たってい。なかなか面白い2人だし、旅のスケールが違います。

なんだか、大同楽座を取り巻く面々が、面白くなってきたぞ。
そういう思いばかりをしているので、もったいないって思ってきたぞ。

道は、人と人を繋ぐと実感した。
一回、食持会をせねばならぬな。

by kurage874 | 2010-07-18 00:02 |  大同楽座