海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2011年 09月 30日 ( 1 )

カワムーと、尾鷲で食べ廻り
岐阜から、カワムーが来てくれました。
もう、4・5年前ですが、伝説の男です。
カフェに1ヶ月くらい、居候してました。

アマチュアで総合格闘技をしていて、尾鷲を出たあとは、東京でプロに転向しました。最後?の試合を、ディファ有明へ見に行きましたが、惜しくも決勝で敗れました。本人は、だいぶとスッキリしているようです。

その彼から、突然電話がかかってきて、28日~29日にかけて尾鷲に来ると言ってきました。東京から岐阜の実家に戻り、新たな?道に向かっている彼だけに、久しぶりの再会でした。昨日の夕方に会うまでに、彼は八鬼山を往復し、「足にきて4回も転びましたよ、ハナシさん」と、相変わらずでした。しかし、娘にプレゼントまでこうてきてくれて、なんだか気の利いた青年になっていました。

おにぎり静で、娘と3人で夕食を食べ、「おにいちゃん」と娘は興奮しました。やはり、初っ端のプレゼントが効いていたようです。娘にとっても、初めての静でしたが、メヒカリやチリチリのイサキの刺身、メヒカリの塩焼きなど、静らしいおいしい尾鷲のごはんを堪能しました。最近、刺身を食べさせ始めている娘は、ガスエビの刺身の虜になり、5匹も食べてしまいました。アレルギーは大丈夫ですが、煮たガスエビが大好物だけに、「エビ、エビ」とうるさいくらいでした。

その後、夢古道の湯に行って、3人で長湯しました。といっても、娘に気を使いながらなので、それに合わせてくれるカワムーの成長ぶりにも驚きしました。けっこう、ふらふらと猫のように行ってしまう男だったのに、甲斐甲斐しく娘の世話も焼いてくれました。時の流れは、宇宙人だった彼を、地球人に変えていったのだと思いました。それは、もしかすると自分にも言えていんるだなとも思いました。「ハナシさん、変わりましたねー」と、彼に言われてしまいました。

お風呂を出たあとは、保育園での疲れもピークになった娘が、程なく車で寝てしまいました。そのまま、飛鳥町の実家まで連れていき、寝るのだけお任せしました。久しぶりに、夜の街をカワムーとわたりましたが、急なお誘いに合流してくれたHさんにも感謝です。ぜひ、カワムーと引き合わせたかったので、久々の海月的異文化交流になったと思います。よい時間をまったりと過ごしましたが、こういう時間が、当時のカワムーと海月には、毎日のようにありました。
c0010936_23362779.jpg


次の朝、娘を保育園に連れていき、モーニングもする筈でしたが、カワムーは爆睡で、そのままお昼まで寝ていたようです。クリームのプライベートゲストハウスで泊まった彼を迎えに行き、お昼は夢古道おわせのランチバイキングにしました。彼のたっての願いで、「ここはいいですよねえ、ハナシさん」、「海と山が見えるのはステキですよね、ハナシさん」と、興奮していました。天満浦百人会が当番の日で、少しづつほとんどの種類を食べました。
c0010936_23433487.jpg


c0010936_2347285.jpg
iPhoneなんか使ってる


移動していると、パン屋が気になったと、ラパンに入りました。イートインできるので、場違い的な2人でしたが、「こういうのあるんですねえ、ハナシさん」、「雰囲気いいじゃないですか、ハナシさん」と、カワムーの反応は上々でした。彼の直感というか、五感で感じて口に出る言葉は、尾鷲がいかに素晴らしい街かを代弁しています。かといって、ダメなものの反応も早く、的確に何がダメかを指摘します。見た目ではわかりづらいですが、彼にはそんな才能があって、その反応を確かめながら会話を進めていく面白さがあります。

娘を一緒に保育園に迎えに行き、地元スーパーで、地元の魚を買い込み、彼は岐阜へと帰っていきまました。ゴルフのワゴンなんか乗っているカワムーは、尾鷲滞在中に語り合った会話を思い起こしても、果てしなく成長していました。人生のターニングポイントは、自分でも気づいているもので、彼はそれをとつとつと語っていたのも印象的でした。

「(キタガワノホトリ)ここ、面白くなりますよ、きっと、ハナシさん」…彼の言葉は、外れた試しがない。

by kurage874 | 2011-09-30 00:12 |  owaseを食べる