海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
2013年 09月 05日 ( 1 )

紀伊半島大水害から2年が経つ
皆さんのまちや地域の復興は、進んでいますか?

2011年から2年が経ち、日常生活のなかでは、不自由さはすっかりなくなっています。しかし、まだ見えないところで、または日常では支障はない場所で、復興は続いています。さすがに、手つかずというのはないとは感じますが、それ以上に、被災された方の心の傷は、未だ癒えずと強く感じます。

こういったフラッシュバックは、被災された方だけでなく、災害ボランティアとして駆けつけた人にも現れることがあります。そのときは大丈夫でも、年が経つに連れて、さまざまな要因で出現することがあるそうです。災害ボランティアには、クールダウンが絶対的に必要ですが、これができていないと、やがては人格にも影響するのではないかと感じることもあります。また、そういった人たちを、同じ現場で見かけることもあります。

災害ボランティアで出入りした場所に、いつしか迷惑をかけているといったことも、しばし見聞きします。よほどのことがないと、災害現場に居着くことは不可能だと考えています。そういう場所は、もとから僻地であり、少子高齢化の地域であり、よそ者を受け入れがたい性格をもっていることもあります。そのときは、友情や愛情のような感情が移入し合いますが、時が経てば、まさに日常生活が取り戻ってくると、それまでの日常にはない異物として、やがては負担や迷惑をかけることがあると感じています。ちょっと異物は言いすぎですが…

東日本大震災でも、多くの災害ボランティアが駆けつけていますが、まだ復興の兆しがないときから、災害ボランティアが現地就職する話を見聞きしました。ミイラ取りがミイラのような感じですが、私が知っている限りでは、いまなお現地で奔走している話を聞きません。どちらかと言えば、もう現地にはいない話のほうが多いです。火事場のドサクサに紛れてとは言いすぎですが、結果的には、なにかしらの迷惑や負担をかけて、尻拭いせずに逃げ帰った方もいるようです。反対に、再び現地に赴いて、毎日奔走している方も知っていますが、よほどの精神力と体力、クールダウンができているからだと感じます。

確かに、大きな災害が起これば、何年後という振り返りは必要です。しかし、人が三十三回忌でその事実やその人自身を忘れると言われるように、多くの人はやがて忘れます。僕だって、雲仙普賢岳による火砕流がいつだったか?奥尻島の津波がいつだったか?なんて、記憶をたどりしないと思い出せなくなっています。東日本大震災は、世界的に見ても大きな災害でしたので、いまなお語り継がれていはいますが、その教訓をいかそうと、日本全国が汗かいているかといえば、そう言い切れない事実もあるでしょう。また、その影に隠れた感じとなった紀伊半島大水害は、その後の終息加減が半端なく尻すぼみでした。

2年前、僕はあの雨の規模と被災状況を想像したとき、未曾有の災害になるのではと危惧していました。そう思えるだけの情報収集をしていたからですが、これが生かされたという自信までにはつながっていません。僕のように、当時は災害系のNPOに所属し、県域で防災や減災に繋がる活動をしていてもです。あのころのヤキモキ感が、熊野レストレーションの活動に繋がってはいるのですが、活動の土台となる地域では、やはり継続的に寄り添っていくことが必要だと考えています。そして、その他の地域においては、災害ボランティアとして、その日限り、その場限りの活動しかできないとも感じています。その点では、熊野レストレーションは、近畿・東海圏では駆けつけますが、それ以外の地域では、受け入れ先があるとか、ニーズがしっかりしているかなど、求めがあるかどうかなども含めて、情報収集してからでないと動きません。

今年も、全国的に水害被害が顕著に出ています。ゲリラ豪雨と言われる局所的な大雨により、短時間での被災が特徴です。また、竜巻の発生もあって、災害の多い年になっています。この地域だけが、なんとかやりすごせている感じです。昨日の雨も、結果的には大した規模ではありませんでした。

紀伊半島大水害では、3県にまたがって、大きな被害が出ました。それぞれの対応もまちまちで、災害ボラセンができた、災害ボラが駆けつけた、これくらいのことしか共通することはありませんでした。あとは、公共的な面での対応くらいです。

だからこそ、あのとき駆けつけた、動いた災害ボランティアが、再びこの地域に着目してもいいかも知れません。忘れていないよと、なにかしらで関わってくれたら嬉しいです。あのときのように寄り添ってくれたなら、地域にとっては勇気や信頼が、さらに出てくると感じています。その橋渡しも含めて、熊野レストレーションのできることです。

いまいちど、紀伊半島を思い出してみてください。
この地域の別の顔が、日常の顔であること知ってください。

by kurage874 | 2013-09-05 11:47 |  市民減災まちづくり