海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 東紀州コミュニティデザイン( 284 )

【モトム】地域の未来を一緒に考えませんか?可能性を追求するパート職員の募集
東紀州コミュニティデザインによる求人募集です。
c0010936_153283.jpg
キタガワノホトリ


■仕事内容
 東紀州市民活動支援センターという市民生活のサポートを、2009年9月より民設民営で行っています。三重県南部の東紀州と呼ばれる地域を拠点に、1.コミュニティカフェ事業部、2.キタガワノホトリ事業部、3.中間支援事業部、4.防災・減災事業部の4つの事業を行っています。

■求める仕事内容
 通常業務である東紀州市民活動支援センターの職員として、拠点としているキタガワノホトリの管理運営を行っていただきます。ただし、今回の募集は、facebookでのネット販売を新規に立ち上げますので、この作業を中心に行っていただきます。

■経験・スキル
 1.ワード(文書作成)やエクセル(表計算)が使える
 2.イラストレータやフォトショップが使える。または興味がある
 3.facebookやtwitterの更新ができる
 4.営業や接客ができる。または興味がある
 5.逆転の発想ができる

■雇用形態:非常勤のパートタイム
■時間給:750円
■勤務時間:1日4-6時間(9時半~16時半)で、週4日程度(休日出勤あり)
■勤務地:三重県尾鷲市北浦町1-8 キタガワノホトリ内
■保険関係:労働保険、雇用保険のみ

※2ヶ月の試用期間中は、1日4時間が中心になりますが、2ヶ月後に、再度雇用継続の意志を確認します。その後は、5-6時間を中心に雇用します。ただし、試用期間中においても、事前相談により5-6時間の勤務時間になる場合もあります

※休日出勤は、毎月第3日曜日の9時(または9時半)からの4-6時間になります。この日は、勤務先のキタガワノホトリで、定期イベントのキタガワマーケットが開催されます

※Iターンで移住も考えている方には、他での雇用や住居などの生活面でのサポートも考慮します。相談の上で決めさせていただきます

※年度ごとに、継続の意志を確認し、業績により正社員登用する場合もあります。過去には、月10万円の給与で正規雇用した実績もあります

東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無徹也

by kurage874 | 2013-10-30 01:05 |  東紀州コミュニティデザイン
南三重のうまいもん市をお届けします♪
第1弾は、11月の伊賀市桐ケ丘遠征です。

年に1度の桐ケ丘フェスタに参加させていただきます。
昨年、出店舗のほぼすべての商品が売り切れたイベントです。

今回、南三重と大風呂敷を拡げて、今後はオファーがあれば県内外?に参上します。
c0010936_1405267.jpg


c0010936_141535.jpg


東紀州コミュニティデザインには、自治体の境目がありません。人が好き勝手に動けるように、この地域の人と自然と発想豊かな商品を、皆さまにお繋ぎします。イベントや祭りなど、南三重のうまいもんが必要な企画者さまは、どうぞお気軽にお声がけください。

行商に行って、今度はこちらに来てもらう第1弾です。

出店のお問い合せをお待ちしています。

by kurage874 | 2013-10-09 14:05 |  東紀州コミュニティデザイン
【世界遺産のお膝元で働く】2つの求人お知らせ
facebookにも広報しています。

ここでは、長く書くと散漫するので、手短に。
なお、10月中の募集ですのでお早めに。
c0010936_192524.jpg
キタガワノホトリ


【求人募集】市民活動を実感しませんか?
 東紀州コミュニティデザインでは、新規スタッフを募集します。現在のパートスタッフが、めでたく正社員登用による退社をすることになりました。※当事業所は、より条件のいい雇用先に向かうことを歓迎しています

 同じように、非常勤のパートタイムで、時間給750円、1日4-6時間で、週4日程度の勤務です。主に、事務作業、営業、パソコン処理などですが、現在男性スタッフがいることから、できうるなら女性を希望しています(女性への対応も必要なことがあるので)。最初の3ヶ月は、試用期間ということで、1日4時間程度を基本とし、3ヶ月後に、再度、面接による継続可否を判断します。

 ハローワークにも募集を掲載していますが、この地域の市民活動に関心があり、苦労のなかから見いだせるものがあることを、一緒に汗かいて仕事しませんか?

 お気軽に、お問い合わせください。

東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無徹也(はなし)
 0597-22-5554
 hcd.secretariat@gmail.com
c0010936_1913987.jpg
飛鳥熊レス村


【就農男女募集のお知らせ】飛鳥熊レス村で就農しませんか?
 熊野レストレーションでは、飛鳥熊レス村で就農をめざす農業男女の卵、いや原石か、募集します。決して楽な仕事ではありませんし、簡単に多額のお給与がもらえるわけでもありません。しかし、熊レススタッフとともに汗をかきながら、自給自足の大きな第一歩を、私たちとともに踏み出しませんか?

 経験の有る無しは問いません。ただし、Iターン者、つまり移住が出来る人を、今回は限定募集します。なので、非常にハードルの高い募集ですが、生活面を含めたサポートも考えていきますので、よろしくお願いします。

 10月中の募集ですので、ご質問やとお問い合せはお気軽に。じっくり話をして、本当に就農したいのか、移住して生活できるのかを、まずは共有したいと考えています。

 いま、私たちに必要なことは、身の回りのことが自分でできることはもちろんですが、毎日食べる食材を、安心安全に提供できる仕組みを持つことです。古来より、私たちが培ってきた自給自足の根本を、楽しみながら一緒に考えていける仲間を募集しています。

熊野レストレーション
 代表 端無徹也
 事務局:0597-22-5554(東紀州コミュニティデザイン内)

by kurage874 | 2013-10-07 19:03 |  東紀州コミュニティデザイン
【尾鷲イタダキ市】処分通達について
その後の報告です。

■【尾鷲イタダキ市実行委員会】みなさまにお知らせ
 http://crepm.exblog.jp/20772582/

昨日、新理事による理事会が開催され、東紀州コミュニティデザインが大同楽座として出店していた駄菓子屋は、新理事による脱会通告を受けました。誰も取れない責任を取る形で、保留になっていた出店が、やはり認められることはありませんでした。先ほど、商議所局長から、丁寧に説明をいただきました。

これにより、10月以降の出店の可能性は完全になくなりました。そのことよりも、先の緊急全体会において、チャレンジ5の出店者らが、市外からはダメだとの一方的な理由で断られた責任を、東紀州コミュニティデザインが取らされた形となります。しかし、それができるのも、東紀州コミュニティデザインしかなかったと言えます。

また、委託を受けた事務局としては、一連の責任を取らされることに大きな疑問がありますが、結果が全てと仰る通り、甘んじて受けようと考えています。しかし、納得など到底できないので、この悔しさは、他へのバネにします。

事務局としては、企画運営部会や理事会を定例化し、もちろん全てに議事録を残し、全体会や総会においては、同じように議事録や委任状の取り付けなど、当然の仕事を全うしてきました。しかし、「聞いていない」、「勝手に採決された」などと、後出しジャンケンが勝ってしまうのが現状で、結果が全てであれば、そのプロセスはなんだっていいとの現実に、四苦八苦してきました。この一連の事務局改革も、委託を受けてこそできた内容でした。今後は、商議所に事務局が戻りますが、これまでのようには到底できないと言っています。

さらに、解散した前理事の選任においても、勝手にやったという風潮があります。しかし、その前の理事による、「再任を妨げる」の規約改正が総会で認められたことにより、この規約に基づき、元理事による前理事の勧誘が行われていました。この事実も曲げられた形で、今回の新理事には、この改正を決めた当時の理事らが選任されています。これが現実です。しかし、内情を知る立場としては、それがベターであるには違いありません。

ただ、チャレンジ5の出店者らには、本当にご迷惑をおかけしました。すべて、民主主義のもとに決定されたことが、少数意見で反故になったことは、今後の体制に影響しないかを心配しています。到底納得できないでしょうが、事務局委託を受けていた東紀州コミュニティデザインも、甘んじて責任を取りますので、ご理解いただきたいとしか言えません。

今回の件では、商議所トップによる英断で、事務局委託は解消されましたが、せめて、前理事と事務局である東紀州コミュニティデザインの名誉回復には、矢面に立たされ続けたスタッフはもちろんのこと、誠意尽力してくださいとお願いもしました。東紀州コミュニティデザインも、商議所の会員として、多額の会費を納めています。しかし、このような結果となり、大変に残念ではあります。これも結果が全てです。

もともとは、商議所や市担当から、尾鷲イタダキ市実行委員会の自立が打診され、事務局委託が決まった経緯がありました。このことを踏まえて、どこも手を挙げなっかったなかで、東紀州コミュニティデザインが会員でもあったことから名乗りをあげましたが、結果としては大きな痛手と風評被害を受けることになりました。そのことには、ぶつけようのない怒りがあるだけです。

尾鷲イタダキ市においては、2006年から7年間お世話になり、2009年には理事もさせていただき、企画委員長や、2年に渡る改善検討会にも参画させていただきました。熱心な関係者しかほとんど参加のない、毎月2回ほど会議にも出席し、事務局委託をしてからは、スタッフを含めて多大な労力と出費をしてきました。いまは、なんとも情けない気持ちです。この間にも、いくつも困難がたちはだかりましたが、全ては全会員によるところが大きかったです。

先だって、高速道路が延伸し、熊野市まで30分以内、新宮市にも1時間程度で移動できるようになりました。この強みを生かした取り組みが、前理事の体制下で進められる大きな柱でしたが、全てを否定された上での今回の判断は、東紀州コミュニティデザインだけでなく、批判の的になった私としても残念でなりません。これも私の力不足でしかありません。

きっと、次にはいいことがあるでしょう。

悔しい気持ちもありますが、尾鷲イタダキ市は、スバラシイ取り組みです。生かすも殺すも、参加店舗次第です。誰も、なにも、悪くはありません。しかし、現状や見解の違いは、こうも隔たりを生んだり、憎しみに変わったりするものかと、人のなせる諸行に苦悶したのも事実です。目指す先は、皆さん一緒なはずです。

ありがとうございました。

東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無

by kurage874 | 2013-10-03 12:46 |  東紀州コミュニティデザイン
【尾鷲イタダキ市実行委員会】みなさまにお知らせ
用件のみ失礼します。
c0010936_23195192.jpg


東紀州コミュニティデザイン事務局長の端無です。
尾鷲イタダキ市実行委員会の事務局を、業務委託しています。

本日の緊急理事会において、事務局の外部委託が廃止され、10月より、再び尾鷲商工会議所さまが担当することになりました。その経緯とともに、緊急全体会において説明させていただき、一連の責任を取る形で、理事会の解散が報告されました。また、東紀州コミュニティデザインとしては、大同楽座の名前で駄菓子などを出店していますが、同様に、一連の責任を取る形で、今後の出店を保留、新理事預かりとなりました。結果としては、今後の出店見込みはなくなりました。また、チャレンジ5の名のもとに、紀北町や熊野市から出店いただいた事業者さまについても、この場において、来月からの出店が保留、新理事預かりとなりました。これも、結果としては、今後の出店はなくなりました。さらに、現理事の体制下で進めてきた事業やイベントも、すべて白紙に戻りました。この件については、尾鷲商工会議所さまが、誠心誠意をもって、対応することになっています。また、個別の案件については、東紀州コミュニティデザインも対応させていただきます。

今後は、尾鷲商工会議所さまによって、新理事の選出と、10月以降の尾鷲イタダキ市の運営を切り盛りしていくことになりますので、東紀州コミュニティデザインが事務局委託を受けて進めてきたことの全てを、今日限りで廃止または停止することになりました。急な出来事ですが、これが、尾鷲イタダキ市が継続する条件でもありますので、これまで応援していただいた皆さまには、本当に申しわけない気持ちしかありませんが、尾鷲イタダキ市自体は、自立をしない方向で継続運営されていきますので、今後ともよろしくお願いします。

結果が全ての世界と言われていますので、最良の結果が、このような形になったことを、申し添えていただきます。足掛け3年、尾鷲イタダキ市の自立に奔走したきた”いち出店者”としては、断腸の思いしかありませんが、尾鷲イタダキ市がさらに発展することを願ってやみません。

また、ご迷惑をお掛けすることになった皆さま、申し訳ありません。
短い期間でしたが、どうもありがとうございました。

2013年9月25日(水)
東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無徹也

by kurage874 | 2013-09-25 23:13 |  東紀州コミュニティデザイン
だがし屋大同楽座をやってるワケ
駄菓子って、まちには必須アイテムです。

駄菓子を取り扱って、すでに7年になります。
最近は、仕入れもするようになって、注文にも応じます。
c0010936_1141133.jpg
尾鷲イタダキ市店


最初の出店は、尾鷲イタダキ市での販売でした。それまでは、当時のカフエクリームと、大同楽座での販売でした。古民家をセルフリノベーションした大同楽座での販売が縁となり、尾鷲イタダキ市にも出店するようになりました。当時、尾鷲イタダキ市には子ども相手の商売がなく、お客さんの要望に応えた形になりました。
c0010936_11412665.jpg
お魚いちばおとと店


そのうち、おととでも販売するようになりました。最初のころは、店頭でのイベント形式でしたが、いまは店内での販売をしています。ここは、商品の入れ替えが早いので、人気商品を把握するにも好都合です。しかし、在庫をそれほど抱えてはいないので、直接仕入れで対応できないときは、市内の大御所にSOSします。
c0010936_1141489.jpg
キタガワノホトリ本店


最近になって、キタガワノホトリでも商品を並べました。スタッフには、子どもらが集まるような宣伝をよろしくと伝えています。キタガワマーケットでも販売していますが、日常的に人が集まる仕組みをつくっていかなければ、維持管理させるための収入はないですからね。ここでしかない商品も並べているので、規模は小さいですがおもっしょいと感じています。

そもそも駄菓子屋ですが、売価が10円や20円と安いので、利益率もほんのちょっとです。仕入れにしても、市内の某駄菓子屋さんのようには手を出せないので、大量でない代わりに単価が上がります。これを売価に乗せるわけにもいかないので、10円売って数円の利益には変わりありません。

しかし、駄菓子屋のある風景は、まちのとって安心のような定番さがあります。子どもが集まり、50円や100円で買える計算をやり、小学校区をまたぐので、集まる友だちとも交流が生れます。店主をやっていると、そのおさない人間模様にも気づきがあります。僕がカフエクリームで販売していたころは、店主の目を盗んでくすねる子どももたまにいて、それに対応することもしばしばでした。そうやって、社会を知るみたいな場面もありました。

損をしない程度であれば、駄菓子屋は務まります。人件費とか考えると別ですが、これからも続けていこうと考えています。また、小口でも注文にも応じるようにします。100円オモチャとかも扱えるので、縁日セットでいくらとかの対応も可能です。

大事なことは、これをアイテムに、地域や人とつながる意識です。スタッフには、口すっぱくいうております。

by kurage874 | 2013-08-20 11:58 |  東紀州コミュニティデザイン
おわせ港まつりごみナビゲートボランティア
土曜日、天気もよく、いや、よーきてった。

おわせ港まつりでも、ごみナビゲートボランティアしました。
c0010936_1033519.jpg
ミーティング中


c0010936_10341829.jpg
看板製作中


今回は、19名に集まっていただきました。
尾鷲でも、地元の10代、20代に参加いただきました。
ボランティアが、この地域でも定着したかも知れません。
c0010936_10352490.jpg
捨てづらいのが難点


c0010936_10355425.jpg
エコステーション


今回も、会場内放送で、エコステーションのことが広報されていました。8年目になりますが、ごみナビも定着していると感じます。それこそ、はじめのうちは、「イナらにいわとーないわ。ボケ!」って、ごみを打ちつけられたこともありました。持ち帰りの推進と、それを補完する分別回収は、環境にやさしいイベントには必須だと考えています。また、このシステムを、ぜひとも熊野大花火大会でも採用いただけたらとも考えています。
c0010936_10385024.jpg
花火を見ながら


いっしょにやった婦人会と合わせて、40名近くの参加だったので、まずまずの盛況ぶりでした。やっていくうちの課題も見つかっていますが、ごみが捨てられていないイベントを目指し、今後も協力させていただきたいと考えています。

映像提供:阿部さん


「こちらエコステーションです。会場内6ヶ所に設置しています。お持ち帰りできないごみを、分別回収させていただいております。ペットボトルのキャップは、外してくださるよう、よろしくお願いします!」

by kurage874 | 2013-08-05 10:44 |  東紀州コミュニティデザイン
【尾鷲イタダキ市】ニュー看板製作中
今週の土曜日は、尾鷲イタダキ市です。

8月の尾鷲イタダキ市は、おわせ港まつりと同時開催です。
c0010936_23144891.jpg
キタガワノホトリにて


前日に、広報カーを走らせていますが、その看板をリニューアルしてます。前のも手書きですが、今回も手書きでつくっています。
c0010936_23193042.jpg
スタッフの力作


広報カーが走っているのを見かけたら、手を振ったってい。

尾鷲イタダキ市は、内外からの集客と誘客をめざしています。

事務局を外部委託で持たせてもらっているので、できることはなんでも挑戦します。東紀州コミュニティデザインが中間支援組織であることを、ちょっと最大限に活かしています。

視察にも、柔軟に対応させてもらっています。

こういうイベントで、事務局が民間にあるってめずらしいですよ。

by kurage874 | 2013-08-01 23:31 |  東紀州コミュニティデザイン
おわせ港まつりでごみナビゲートボランティアしませんか?
c0010936_133550.jpg


先週の紀北町燈籠祭では、過去最高の32名が集まりました。おわせ港まつりは、今年で9年目です(燈籠祭は8年目)。地元の花火だけに、イベントを裏方で支えるってのも悪くありませんよ。また、いろんな人と交流できます。

■インターネットによる申し込み
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95568158

■facebookでのイベント
 https://www.facebook.com/events/656636501018073/

by kurage874 | 2013-07-30 01:37 |  東紀州コミュニティデザイン
海軍熊野灘部隊戦没者慰霊祭に参列する
尾鷲にも、過去に戦争があったのです。

日曜日、尾鷲港に接岸された、海上自衛隊の多用途支援艦えんしゅうの艦船上で、表題の慰霊祭がありました。なぜ、僕が参列しているのか、不思議に感じた人もいるようですが、昨年より、この慰霊祭には協力させていただいています。また、三重県隊友会が主宰するこの慰霊祭は、今年で2年目になります。そのキッカケとまでは大げさですが、僕の友人たちが作成したこの冊子が、大きく影響したのは言うまでもありません。
c0010936_11515161.jpg
売価300円


当時、二重被曝の上映会の副読本として、また、尾鷲にも戦争があったことを記録誌として残すために、当時数名の人たちが中心となって、この冊子を作成しました。制作には、当時を知る先人の聞き取りや、座談会も実施し、尾鷲でも戦争があったことを、生々しく体験した記憶が残っています。さらに、小中学校で戦争体験を学習する際に、児童生徒が利用できるような内容にもなっています。
c0010936_1156164.jpg
裏表紙


この日はとても暑く、甲板の輻射熱も相当でしたが、厳かな雰囲気と、張り詰める凛とした空気が心地良くも感じられました。しかし、147名の尊い命が、この尾鷲湾で奪われたことを、どのくらいの住民が知っているのかとも考えました。
c0010936_11594587.jpg


c0010936_1205517.jpg


c0010936_1201785.jpg


いまの日本の平和は、僕らが勝ち得たものではありません。また、築き上げたものでもありません。ただ、ただ謳歌しているだけではと、自分自身に喝を入れる気持ちにもなりました。日本が戦争をしたことで、無くしたものは大きかったのですが、そこから学んだこともたくさんありました。そして、いま僕たちがなにをすべきかを、大きく問われている気がします。「自分さえ良ければいい」、「楽しむしかないでしょ」だけでは、日本国民として申しわけが立たないとさえ、感じることもあります。

戦争は過去の出来事ですが、もう二度とないとは断言できません。愛する者の命を守るため、自国の存在を守るために、立ち上がることが今後あるかも知れないし、そうせざるを得ない状況になる可能性もゼロではありません。そのときに、恐いとか、嫌だとかで、穴のなかにすっこんでいられるのか、強制的に戦線に立たせられるのかも、自分たちで考えるべきだと感じています。そもそも、そんなことにならいようにすることが、一番に望まれることですが、隣国を見ている限りでは、いつでも戦闘態勢に入れるような準備をしている事実も無視出来ません。だからこそ、過去を検証し、その重さを知ることからしか、はじまっていきません。

献花の際に、僕が英霊に誓ったことは、「二度とこのようなことをしない日本をつくります」でした。そのためには、なんとなく生きているだけでは、実現しないとさえ感じています。先の戦争で散った若い力は、日本の持てる可能性を大きく後退させたはずです。それでも、日本は成長し、反映し、豊な国になりました。しかし、それが満足度や幸福度を高めているとまでは言い切れません。そこに、僕たちの存在意義があると感じています。
c0010936_12183115.jpg



by kurage874 | 2013-07-29 12:18 |  東紀州コミュニティデザイン