海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2009年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

今日は大同楽座楽市
ところで、名張での市民活動も熱いです。

今月の楽座楽市は、第4日曜日の開催となりました。
c0010936_0402548.jpg


まったりとやっておりますので、顔を出してみてください。
何かが見つかるかも、もしくはきっかけを掴むかも知れません。

これが、絶対に実を結ぶ気がしています。
それでは、おまちしております。

…と、思いつつも、準備スタッフは午前と午後で各1名だけです。

by kurage874 | 2009-11-22 00:41 |  地域イベント情報
色あせないアニメと
owasebon第28号の製本が終わりました。
定期購読の発送は、明日になります。
3日間お疲れさまでした。
c0010936_1434858.jpg


天空の城ラピュタをやってました。
いつまで経っても色あせないアニメです。
TVでも何回もやっているのに。
なんかほっこりしました。
c0010936_1454572.jpg


薪ストーブはいいですね、やっぱり。
3箱分は、3日から4日でなくなります。
また、松本まで走ります。
けっこう黄昏ます。

明日は、って今日ですが、名張市まで走ります。
「なばりNPOセンター」の設立祝賀会に出席します。
詳細はのちほど。

by kurage874 | 2009-11-21 01:51 |  クリーム日記
食文化か、環境保護かの話
最近、クロマグロの漁獲規制が話題になっていました。
ちょっと前には、太地町のイルカ漁が話題になっていました。

しかし、ともに食文化の話ではなく、生態保護の観点から、「食べちゃダメ!(獲っちゃいかん!)」という話です。いやあ、日本の食文化は、欧米人から見ると残酷無比のようです。日本人特有の欧米からのイジメかよっては、言い過ぎか。

島国の日本は、海洋国家でもあるので、海に食を求めるのは当たり前の行為でした。もちろん、山にも食はありますが、これが狩猟(漁)民族でもある特徴です。ここに、食文化が生まれ、伝統漁(猟)法が受け継がれてきていると考えます。もともと、食べる分を手に入れる行為は、生きていく上で当たり前の日常活動ですよね。

それを、クロマグロやクジラは、調査に基づいた結果、生体数が少ないからという観点のみで議論されるのならば、一定の理解に繋がります。イヌイットなどの狩猟民族も、一定の漁獲を保証されていることで証明されています。ようは、乱獲の歴史があるからで、欧米人からみれば、「大航海時代に、世界のあらゆる生物を食べつくした結果」があるのかもしれません。日本古来の生物も、食料という名目で乱獲されて絶滅した種もいます。

しかし、「イルカはかわいいから可愛そう。」、「クロマグロの消費は日本が大半だから。」、「クジラは頭のよい哺乳類だしね。」で、シュプレヒコールをあげられているとしたらたまりません。海月は、クロマグロもイルカもクジラも、頻繁には食べないし、どちらかといえば食べない部類です。しかし、尾鷲以南の紀南地域などのスーパーには、クジラもイルカも食用として並んでいるのを見ます。他ではめったに見ないので、「地域性=食文化だよなあ。」って感心します。反対に、尾鷲や紀北では、マンボウの腸や肉が売られていて、今までに知らなかった食べ方に驚きます。これも、地域特有の食文化と言えるでしょう。

なのに、欧米人は牛を喰いまくり、羊も豚も食べます。鶏だけでなく、七面鳥も食べますね。ナントカチキンってのも、ファーストフードで垂れ流しのように食べることができます。しかも、全世界で。どれだけの消費かは調べてわかるかもしれないけれど、クジラやイルカは全世界で食べられないし、ナントカチキンは世界共通でナントカチキンです。これは、食文化と言えない気がします。

結局は、クジラもクロマグロもイルカも牛も豚も羊も鳥も、命ある生き物です。しかし、その命を食べるから、こうして生きていけるわけです。そのために、クジラもイルカもクロマグロも、獲っただけの供養塔が、漁業の町のあちこちで見かけることができます。これは、「食べるけど、ありがとうね。」という気持ちが込められている証拠です。供養塔は、漁場だけでなく、牛などの食肉工場でも見かけたことがあります。しかし、欧米人にはそういった文化はあるのでしょうか?

食文化という文化は、必ずその国や地域であります。これは、たまたまクジラであったり、牛であったりするわけで、全てが牛であったならば、食文化は生まれなかったのかもしれないですね。あと、食用牛というのは、人間のエゴであって、食べる牛も、もともとは野生からでしょう。ということは、クジラも養殖して食用クジラにすればいいのか…ってはならないはずです。ここの違いが、理解できていない欧米人もいるようです。

過激な考え方ですが、仮に、認められて操業しているにも関わらず、危険な行為で邪魔立てするのであれば、それこそ国益を守るための自衛隊だってあるはずなのにって言いたくなる気持ちも理解できます。もしも、カウボーイを邪魔立てすると、それこそ撃ち殺されるでしょうね。まあカウボーイは、狩猟はしないか。それでも、ゲーム感覚で狩猟を楽しむのは、間違いなく欧米人が大多数です。

クロマグロの報道も、調査捕鯨の報道も、このあいだの太地町のイルカ漁の報道も、なんだか欧米人の勝手な優位性を押し付けているようで、日本人として気分がよくありませんでした。生態系の保護は理解できるし、限られた資源の共有はやってしかりです。しかし、食文化もちょっとくらいは理解して欲しいし、私たち日本人も、食を考えるよい機会だと感じます。だって、廃棄する食の多さも突出した国ですしね。

そして、今日も海月は伊賀の豚を食べ、尾鷲の近海で獲れた魚を食べ、その命に感謝しています。

by kurage874 | 2009-11-19 22:10 |  海月のぼやき
大同楽座通信第40号
c0010936_14552954.jpg
10月分


大同楽座通信も発行しています。
これはA4サイズの片面刷りです。
裏面は、構想があるのですがまだできていません。
いつかは、HCDの活動や地域情報を掲載したいと思いつつ。

基本的に、毎月出しています。

by kurage874 | 2009-11-19 17:03 |  大同楽座
owasebon第28号が発行されました
c0010936_21403346.jpg


28号が製本されています。
秋らしくまとまっている気がします。
c0010936_21411354.jpg


今日で1,000部を製本します。
すべて手作業です。6名います。
明日も、19時半より残り1,000部を製本します。

どうぞ手に入れてください。

定期購読はこちら

by kurage874 | 2009-11-18 21:42 |  owasebon制作委員会
薪ストーブの季節になりました
冷え込みますねえ。
流れ星見えますか?

薪ストーブ用の薪をひらいに、松本の海岸まで走りました。
c0010936_200915.jpg


夕暮れ時で、風も波も強く、物悲しい風景でした。
一人で流木をひらっていると、なんだか悲しくなりそうな寒さでした。

でも、

今のカフェは暖かいです。
これで冬を越します。
そんな季節になりました。

by kurage874 | 2009-11-18 20:03 |  クリーム日記
owasebon第28号の製本と発行お知らせ
お待たせしました!

owasebon第28号の製本ができますよ。
19時半より、カフエクリームにて行います。
発行日が遅れていますので、急ぎみなさまのご協力をお願いします。
c0010936_15233513.jpg


また、定期購読されているみなさまにも、急ぎ発送します。
なお、定期購読の購読料が未納の方、定期購読の更新が必要な方には、振込用紙を同封しますので、できるだけ速やかに入金をお願いします。現在までに、数名の方からの入金がありません。資金調達など、自己努力でやっている活動ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

また、若干ですが定期購読も募集しています。
希望する方は、このブログの帯の、定期購読をクリックしてください。

いやあ、今回の特集は古江町ですが、よい紙面になっていますよ。
それでは、スタッフの方をはじめ、製本のてったいをお願いします。

owasebon製作委員会

by kurage874 | 2009-11-18 14:48 |  owasebon制作委員会
たぶん同じ
今日の空は、好きな空です。
しし座流星群にも期待したい夜になりそうです。

めずらしく、カフェをやっています。
といっても13時からのオープンですが、夜はowasebonの製本があるかもしれません。製本があれば、22時くらいまでは営業をしている予定です。ただし、フードメニューはできません。仕込みをしていないからねえ…

ところで、熊野市の中心市街地活性化協議会だったかが、商店街通りの動向調査をしたそうです。うる覚えなので、再確認しますが、商店街通りの流入人口が減少し、商店主の構成年齢も、60代を超えてきていると言った報告でした。熊野市の商店街通りといえば、記念通り商店街を思い浮かべますが、海月が中学生の頃までは、ショッピングセンターこまやや、オークワも全盛期だった気がします。どのシャッターも開いていたし、片岡書店には入ることが、田舎のさらに田舎の海月にとっては、巨大な図書館にさえ思えました。

今でも、この通りでは、いこらい市や太鼓の競演などで活用されていますが、尾鷲の商店街通りと同じく、シャッターが目立つようになっています。それでも、民間に開放されている情報発信店舗もあるので、駄々下がりではないようにも感じます。駅前の開発も進んでいるし、何よりも、木本高校への通り道と言うのが可能性を秘めています。その通りでも、やはりお客の減少はわかる気がするし、商店主の高齢かも尾鷲と同じです。

確か、海月が調査したときも、尾鷲の商店街通りは、駅前からうどんのはまやまでで、35店舗ほどしかありませんでした。全盛期には105店舗だったので、3分の1になっています。しかも、同じように60代を超える店主が60%を超えているので、今後10年間で激減する可能性を否定できなくなっています。

どの地方の商店街通りも、たぶん同じなんだと感じました。それぞれ残っている店舗は、自分の店舗を存続させるだけで手一杯なのかもしれません。余裕が無いのは、店舗が減るごとに増えていく感じです。それでも、まあ休みがちなうちのカフェでもそうですが、owasebonや市民活動の拠点として、または外部からのお客が入りやすいカフェとして、それなりの自己主張をやっていますが、函箱もなくなったし、孤軍奮闘としながら自滅していっています。

明るい話題ではないですが、それでもやっています。なくなれば、本当におしまいです。そういえば、尾鷲市の都市マスタープランからは、この商店街通りが外れていました。駅前周辺と旧街道沿いは、何らかの施策を検討するようですが、その間をつなぐ商店街通りは、自己努力に任せるといった感じでしょうか?商店街通りに力があったときは、行政の力はそれほど必要としなかったのかもしれませんが、その力がないとなれば、行政も手の施しようが無いということなのかな。

このあたりは、もうひとつの顔で議論することを考えています。しかし、商店街にも力がいるんですよね。要求するだけのキャパシティが、この商店街にも残っているかです。それには、まずはそれぞれがタッグを組むことなんでしょうが。それができにくい構造が、ますますの衰退をまねいているように、外から来た目には見えてしまいます。

答えは、行政から出るのを待つのではなく、ここから出すべきなんだけどなあ。

by kurage874 | 2009-11-18 13:38 |  クリーム日記
長島ショッピーまでドライブ
雨降りの1日でした。
しかも寒い。

さらさは、雨降りになるとご機嫌斜めなので、用事をしながら長島ショッピーまでドライブに行きました。
c0010936_0183125.jpg
チャイルドシートにて


ディーゼルカーが走り出すと、さらさはご機嫌になり、そのうちに寝てしまいます。紀伊長島まではおとなしく寝ていて、長島ショッピーも初体験させました。ちと寒いので、フリースでくるんで歩きました。

長島ショッピーは、尾鷲で漁がない時に行くことが多いです。ここの鮮魚は、豪快にパックされていて、さながら地元水族館(ただし死んでるけど)です。アジの種類だけでも、けっこう名前があって、買うのに迷います。この日は、見るからにうまそうなシオがあって、余りの大きさに断念しました。とても2人では食べきれません。

また、ここには七保鳥がおいてあるので、密かにお勧めです。隣の松阪牛は、見て楽しむだけでした。ところで、さらさは、最初はウーウーしゃべっていましたが、そのうちに寝てしまい、だんだんと重たくなってきました。子どもが寝ると、とたんに重たくなるので、この先の体力が不安です。
c0010936_028840.jpg
指吸いよりは手の甲吸い


帰りは、モンプチココに寄って、久しぶりにケーキを買いました。パティシエの彼女は、三船中学校時代の教え子なので、「先生の若いころを知っているだけに、なんか不思議ー」って言われました。うーん、海月もそれだけ歳をとったんだなあ。「お父さんやん。」って言われた言葉がなんだか恥ずかし嬉しかったですね。

鷲下を越えたあたりで、さらさはオムツが濡れてきたのか泣き出しましたが、びゃあこになる前に帰ってこれました。さらさは、オムツが濡れるのも嫌がるので、とたんに泣くと、たいていはオムツの交換です。

今はぐっすりと眠っています。
ドライブ効果はてきめんかもね。

by kurage874 | 2009-11-18 00:34 |  さらさに贈る言葉
ちゃんちゃんこをプレゼントされる
さらさは元気です。
新型インフルエンザが怖いので、外出は控え気味です。

それでも、妻も家の中ばかりでは運動不足になるので、今日は温かい日中に散歩をしてました。さらさはいつも以上にご機嫌ですが、ベビーカーを停めるととたんに泣き出すようです。うーん、将来は走り屋になるのか。
c0010936_23333753.jpg


そうそう、お世話になっている方から、ハンドメイドのちゃんちゃんこをいただきました。さらさに似合うピンクで、裏地にはボアがついています。なんともかわいらしく、さっそく着せています。さぞかしご機嫌かと思えば…
c0010936_23345652.jpg


座ってTVを見ていたのを撮影したので、機嫌を損ねました。
ぎゃあこに変身し、慌てて抱っこするやら、あやすやら…

でも、夫婦のお気に入りになりました。

by kurage874 | 2009-11-16 23:41 |  さらさに贈る言葉