海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2011年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

転んでもタダでは起きない伊勢の旅
今日は、妻の定期検査でした。

伊勢市内の病院まで、朝早くに出発し、朝マックをかじりながら伊勢路を走り、検査は昼前には終了しました。今日からまた、テモダールの服用が始まりますが、私も妻も気が重い病院通いです。

しかし、せっかく伊勢まで来たならばと、気分を変えてドライブを楽しみます。まずは、お腹も空いたので、病院近くの喫茶船江で昼食です。ここは、アットホームな喫茶店ですが、コーヒーはダッチコーヒー(水出し)だし、手づくりのシフォンケーキのでかさとうまさも必見です。昼食に食べた焼きカレーは、いかにも喫茶メニュー的でステキです。
c0010936_18411513.jpg
駐車場有り


満足したあとは、娘へのお土産にと、同じく病院の近所にある山村乳業で、プリンとヨーグルトを購入しました。今日も寒いので遠慮しましたが、ここにしかないソフトクリームは、すごく濃厚で美味しいです。また、プリンは在庫限りなので、今日は2種類2個しかありませんでした。
c0010936_18461856.jpg
手前が限定チョコぷりん


伊勢をあとにして、今日は水曜日だと、多気町丹生の「にこぱん」まで走ります。風が強い高速をそろそろと走りながら、丹生大師を右手に県道421号を走り、谷川の手前のほっそい路地を曲がった終点がにこぱんです。にこぱんは、陶芸教室もやっている「アトリエプシュケ」で、水曜日と土曜日の12時から売り切れまで販売しているパン屋さんです。
c0010936_18541467.jpg
こんな感じ


しかし、小さな森のなかのアトリエでは、人の声はしますがドアが閉まっていました。どうやら、売り切れ閉店のようで、泣く泣く帰ってきました。妻は残念そうに(うらめしそうに)ドアを引っぱっていました。
c0010936_18555293.jpg
黒いのは漆喰です


これはそれはただごとではない雰囲気なので、次回はまめやで昼食にしてから寄ってみようと決めました。ブログなど検索すると、それはそれは美味しそうなパンを売っているようです。悔しい!!ムギュッ(猫村さん風に)
c0010936_190741.jpg
しそもち


にこぱんが空振りに終わり、ただでは帰れないと、丹生名物のしそもちを買いました。本店に寄ると、「ふれあいの館で置いてます」とのことで、丹生大師の道路向こうの館に行ってきました。ついでついでと、川村製茶の茶葉の入ったおかきなども購入です。近くの畑で育ったという130円のキャベツは、小さくてもずっしり重くて美味そうです。これは、娘も好物のスープにしようと購入です。

駐車場で休んでいる間に、しそもちから、三重のご当地餅の話題をTwitterでつぶやくと、反響をたくさんいただきました。これは、別立てでブログにできるほどの話題になりつつあります。三重県は、食べ物に縁深い県なので、もっと自給率をあげるべきだとも感じました。

それにしても、丹生には久しぶりに訪れました。かなり前になりますが、丹生温泉の大師湯に立ち寄っていた時期がありました。看板はありましたが、いまはやっていないとも聞いたので、本当のところはどうなのかな?いまでは、丹生といえば「まめや」だと思いますが、歴史的にも丹生は発掘しがいのあるまちかもしれません。

再び高速に乗り、紀伊長島のショッピーで、ご当地の魚を買って帰ってきました。見たこともないような魚が並び、早い時間だと調理もしてくれます。以前には、いくつかの魚を刺身の盛にもしていたので、なんとも新鮮贅沢なシステムだと思ったところです。

さて、娘がいない夜は寂しいですが、まもなく妻と2人の夕食です。買ってきた食材を使いながら、三重産オンリーの食事を作ります。なんともこれが贅沢です。

by kurage874 | 2011-02-09 19:20 |  三重県漫遊記
第36号の編集会議に期待!
雨になっています。
久々なのでホッとしますね。

残りの製本をしながら、第35号の反省会と、第36号の編集会議をしました。第35号の反省では、漢字の間違いや、言葉の間違いが指摘されました。編集会議をまともに開催できなかったのが原因でした。これは、本当に反省材料です。
c0010936_22223140.jpg


3月発行の第36号は、特集地域を光ヶ丘と桂ヶ丘に設定しました。どちらも尾鷲の「丘」ですが、owasebonテイストな記事が書ける穴場がありそうです。また、そういった穴場があれば、owasebon記者が取材に行きますので教えてください。

予定では、新スタッフも参加するので、ちょっと期待もしています。今後は、特集地域で広告をもらえるかの交渉をしていきます。表2広告、タイアップ広告、表4広告、16マス広告がありますので、金額に合わせて2,000部に広告を掲載することが可能です。市内130箇所以上に配布しているので、けっこうお得な宣伝になるかと思います。

また、気になる方も大勢いる表紙については、ステキ工房オワセのフォトグラファーみやちとーるが担当します。ぜひ、ご期待下さい。

by kurage874 | 2011-02-08 22:32 |  owasebon制作委員会
owasebonの会議します
20時より第36号の編集会議と、第35号の反省会をします。

久しぶりに、海月も参加します。

by kurage874 | 2011-02-08 19:12 |  owasebon制作委員会
NHK教育の番組と、紀伊半島の可能性?
今日の尾鷲は、夕方にかけて空が白くなかったですか?
まさか、新燃岳からの火山灰が舞ってきたとか?大げさか?
「だって、黄砂が飛んで来るんだよ」ってのは妻の言葉。
さて、どうなんだろうと調査中(検索中)です。

ところで、NHK教育のTVより2つを紹介します。

まず、夕方にやってた、TVシンポジウム「アジア映画の壁と展望」です。
河瀬直美が出演していたのですが、なら国際映画祭が舞台となっていました(おそらく)。番組の方は、後半の少ししか見れなかったので、全体を知ることはできませんでした。しかし、NARAtiveプロジェクトなどの言葉もでていたので、このサイトを見ていくとよくわかります。

◆なら国際映画祭2001
 http://www.nara-iff.jp/

海月は、京都よりも奈良だったので、奈良には思い入れが強いし、奈良町の路地はイケテルなと思っていました。まあ、いまから15年も前ですが…しかし、奈良県は、中心地の奈良市だけでなく、南に下ってくるほどに、背筋がピンとなる空間を感じます。五條市に親戚がいるのですが、そこから紀伊山地を眺めていると、「あの山の向こうには神さまが住んでいる」とは、子どもの時分に感じていました。また、20代前半には、和佐又山のヒュッテでアルバイトもしたことがあり、大台ケ原山系とは違った神の領域にも魅力があります。

話がそれましたが、河瀬さん好きということもあり、贔屓目は否めませんが、河瀬さんの映像と音の世界はどの作品でも必見です。そして、奈良というまちを愛してやまないその心にも惹かれます。それが、なら国際映画祭に繋がっていると感じるし、「奈良県を映画のロケ地に」という意志と意図が伝わってきます。海月としては、「もちろん奈良もいいですが、熊野をテーマにした人の息づかいを映像に」と考えています。映像はもとより、熊野の音を、きっとうまく表現してくれる気がします。

◆河瀬直美オフィシャルサイト
 http://www.kawasenaomi.com/

また、なら国際映画祭の運営にも興味を持っていますが、こういった動きは、三重県でもあっていいと感じています。フィルムコミッションなどでは、伊勢志摩などが有名だと思いますが、行政主導っぽいものもあって、「まとまりないなあ」と感じずにはいられません。たくさんあればいいというものではなく、お手本にしてほしいなあとは、素人ながらに感じます。間違いなく、三重県にもできる可能性は多々あります。こういった企画は、三重県という大きなベースが大事だと思います。

◆三重県内フィルムコミッション
 http://www.pref.mie.jp/D1KANKO/film.htm

次に、夜にやってた、極める!・選 千住明の聖地学です。
第1回目の今日は、「聖地とは何か」とうテーマで、出羽三山が取り上げられていました。千住さんといえば、本宮が舞台の「ほんまもん」を思い出しますが、第2回目には、その熊野古道がテーマになっているようです。昨年に、和歌山県側の熊野古道を歩いたようですが(ここ)、海月は、本宮といえば大斎原(おおゆのはら)だと思います。

大斎原については、海月の過去のブログでも登場させていますが、最近ではパワースポットなどと言われて、ちょっと表現が残念に感じます。確かに、パワースポットやホットスポットには違いない場所ですが、聖地の方がまだしっくりときます。そういった意味で、番組はよい視点だと感じました。とかく熊野の地には、聖地が多いと感じているので(海月のいう熊野は、熊野市だけではないですよ)、聖地や熊野に人が集まる可能性が高まってきた時代背景があるのではないでしょうか?

これは、やはり平成の熊野詣に通ずると思っています。そして、ここにも私の存在意義があると考えています。受け入れる側としての、入り口の番人としていうかね(比較対照はおこがましいですが、以前、金峯山寺の田中利典氏の講演が印象に残っています)。まあ、海月の場合は、特異な人たちが集まるところの門番でしょうが…そういった番人も必要とされる地には違いないですが。なので、ディープな熊野を知りたい方は、東の門番の海月をお尋ねくださいね。

◆極める!・選 千住明の聖地学
 http://www.nhk.or.jp/etv22/mon/summary.html

◆作曲家・千住明の公式ブログです。
 http://akirasenju.blog51.fc2.com/

ともに、紀伊半島がキーワードになるTV番組を紹介しましたが、最後の楽園といいたい紀伊半島は、日本で最大の半島です。世界の半島情勢をみていると、半島が巻き起こす喜怒哀楽は、紀伊半島にも通ずるとも考えています。

いままでは、東紀州や熊野古道に特化した雑誌を夢見ていましたが、もっと大げさに、紀伊半島がテーマの雑誌のほうがわかりやすいと感じたところです。もしかすると、三県またいだ季刊「紀伊半島」は、英語表記で創刊すれば楽しくなるかもしれません。

by kurage874 | 2011-02-07 01:07 |  海月のぼやき
娘が帰ってきた!
娘が北浦に帰ってきました。

いまは、夕寝していますが、それまでは九鬼に行ってました。
行き先は、アトリエ萌で、下川夫妻の陶器展をやっているからです。
普段は金・土・日の週末しか営業していませんが、カフェも楽しめます。
さらさは、眠気もあってご機嫌ナナメでしたが、粉引きの茶碗が気になっています。次回に行ってあれば、ゲットするかもしれません。
c0010936_17185083.jpg
回転寿司にて


c0010936_17225531.jpg
丸かぶり


尾鷲を留守にしている間も、さらさの喰いっちりぶりは健在のようでした。妹や実家の母から送られてくる携帯画像が楽しみですが、やはり、じかに抱きしめられる方が何よりです。

おきてくれば、怒号の中で夕食をつくります。
今日はウナギ雑穀飯と、すき焼き風のうどんです。
うどんに入れる白菜の在庫がそろそろ切れてきました。

葉菜類好きなので、切らすことはできません。

by kurage874 | 2011-02-06 17:28 |  さらさに贈る言葉
尾鷲イタダキ市に、ヤーヤの賑わいがやってきた
今日のイタダキ市は、今年最初で、ヤーヤの最終日でした。

道中手踊りに参加するいくつかの町に、会場へ来ていただきました。
c0010936_2255887.jpg
北町


c0010936_2263329.jpg
新町


c0010936_227677.jpg
堀町


c0010936_2274440.jpg
今町


c0010936_2282463.jpg
野地新町


c0010936_2291288.jpg
坂場町


忙しい日程のなか、ありがとうございました。
c0010936_22101557.jpg


イタダキ市のほうも、イベントが重なったわりには盛況でした。しかし、道中手踊りが始まった12時ごろからは、スタッフくらいしか見かけなくなりました。こんな閑散としたイタダキ市も久しぶりに見た気がします。

色々な意味で、イタダキ市にも変革が必要な気がします。

大同楽座の出店も久しぶりでしたが、やっぱいいもんですね。

by kurage874 | 2011-02-05 22:14 |  owaseを愉しむ
今日は尾鷲イタダキ市!
今年はじめてのイタダキ市です。

恒例のアトラクションは、ヤーヤ祭りの最終日ということもあって、5つの町より道中手踊りがやってきます。渋くきらびやかに着飾った子どもたちが必見です。時間は11時ごろになります。
c0010936_8172114.jpg
昨年2月の様子


なお、イタダキ市は9時から販売開始です。

「9時前に売っているじゃないか、ルールを守ってほしい」との声もよく聞かれますが、9時始まりのルールを各店舗さんにもお願いしています。また、9時前に店舗に押し寄せるお客様も、慌てず焦らずにお願いします。マイバッグの持参にもご協力をお願いします。

ちょっと冷え込む朝になっていますが、13時までやっていますよ。

by kurage874 | 2011-02-05 08:22 |  地域イベント情報
銭湯のある町~湯屋の廃業に寄せて~
海月が尾鷲に来たとき、市内には4カ所の銭湯があった。

それまでといえば、海山に住んでいたときに、大滝にあった滝の湯へ入ったことがあった。いまから10年以上前になるかな?滝の湯は、石積みから湯が流れていた記憶が残っている。銭湯や共同浴場が好きな海月にとっては、湯屋はまちの必需品であり、かゆいところに手が届く存在である。

6年前に尾鷲に来たとき、海月といまの妻が住んでいた6畳間には、お風呂がなかった。カフェをしながら、お客がひく17時ごろに、急ぎ市内4カ所の銭湯を交互にまわって入った。ほっこりとした体で、夕方から夜までのカフェ営業が日課でもあった。銭湯に間に合わず、当時のゆーゆー会館まで走ることもあったけど、こういう銭湯通いが1年半近く続いた。
c0010936_2223312.jpg
新生湯(知戸町)


やがて、6畳2間に部屋が増え、お風呂も直して使えるようになった。勝手が悪いつくりであったけど、いつでも好きな時間に入れる内風呂は、便利この上なかった。しかし、2週に1度くらいは、同じように銭湯通いが続いた。そういう雰囲気にいることが、内風呂以上にこの上なく楽しみでもあったからだ。河夢(かわむー)という友人がカフェに1ヶ月近く住み着いていたときは、毎日のように銭湯へ通っては、夜のまちを楽しんだ。あの頃は、どっぷりと尾鷲のまちを楽しんでいた。
c0010936_2225242.jpg
松乃湯(古戸町、廃業)


いつしか、古戸の松乃湯のシャッターが閉まり、あのこじんまりとした空間が一つ消えた。タイル使いが絶妙だった松乃湯は、帰りに路地で買い食いする惣菜が楽しみでもあったのに。2007年のことで、鉛筆みたいな黒く細い煙突も、そのうちに撤去されてしまった。釜の火が消えただけでなく、まちの灯が消えた気分だった。はじめて、銭湯がなくなる寂しさを感じた。
c0010936_2232356.jpg
五月湯(坂場町)


やがて、北浦に住まいが移ってからは、子どもができたこともあって、銭湯や湯屋通いはめっきりとなくなった(その後にできた夢古道の湯からも足が遠のいた)。ごくごくたまに、友人と行きあうくらいで、それでも市内3カ所の銭湯は、同じ尾鷲の地下水を使っているはずなのに、湯加減や泉質も違って感じた。番頭のおばちゃんの人情は変わりないけれど、それぞれの愛想があって、それも楽しみの一つであった。

今月で、中井町の松の湯が廃業するという。最近になって、常連客より耳にしていたけれど、現実が間近にくると、名残惜しい気持ちでいっぱいになった。市内でも最大級の大きさを誇る松の湯は、立地している場所が旧熊野街道沿いということもあって、人目を引く外観も相まって、注目されるスポットでもあった。以前には、owasebonの取材で釜場を見せていただき、湯の番をしている北村さんには、天井裏まで見せていただいた。大きな梁がしっかりと屋根を支え、湯屋に相応しい外観に繋がっていると納得した。また、湯量を調整する配管の栓を、絶妙に緩めたり締めたりしている北村さんの手さばきは、まさに神業だと感心もした。まだまだあって、レンガ積みの貯水槽も、時代を重ねた風格があった。
c0010936_156162.jpg
松乃湯(中井町)


銭湯は、いつまでも銭湯であってほしいと思うのはなぜだろうか?服屋だった空き店舗が、カフェに変わっても違和感を感じないのに、銭湯が他のものに変わる想像がどうにもつかない海月がいる。いつしかどこかのまちで、銭湯だった跡地利用の雑貨店に入ったけれど、銭湯だった名残りがなんとも寂しく感じたことがあった。たまたまかもしれないけれど、銭湯という場所には、それまでの印象が強烈に残っている感じがしてしまう。やはり、湯屋は湯屋であるべきが本望だろうと決めてしまいたい海月がいるのだ。

松の湯は、当然に海月以上の決断をしたに違いない。海月のそれは、外からの目であって、実際に携わった人の思いは、もっともっと強烈な英断であったはずである。地域の思いが詰まっている場所に終わりをつけようとする気持ちは、やはり海月ごときには想像つかないものかもしれない。それでも、「いままでありがとうございました」とは言い切れない、海月自身の名残り惜しさも拭い切れないでいる。

海月にとって、まちのなかから、いままであったものが消えていく寂しさは、本当に我がことのように寂しいのである。たとえそれが空き家であっても同じで、尾鷲に来てから路地をくまなく歩き回り、野良猫か海月か言われるくらいに路地を堪能してきただけに、物悲しい寂しさが海月にふりかかってくるのである。どうすることもできない悔しい気持ちなり、それこそ「海月がアラブの富豪であれば、迷わず買い占めて保存するのに」という妄想までしてしまうのだ。間違いなく、無くなれば再建はできないし、まちがもっている景観が崩れていくのである。これは、尾鷲にとっては、尾鷲らしさが消えていくのと同じではないかとさえ考えてしまう。

幸いにして、松の湯はそのままに残るという話である。しかし、それ以上の期待はしいたい勝手な海月がいる。しかしながら、残るということが何よりもいまは大事だとも感じている。どうすることもできないけれど、どうにかすることはできないこともないかもしれない。他人がとやかく言えないけれど、言ってしまいたいくらいの名残りがあるのが、海月にとっての湯屋であり、松の湯である。
c0010936_2235070.jpg
松の湯(中井町)


毎日定時になると、それぞれの銭湯の前には、常連客が並んで待っている。それは、松の湯でも、五月湯でも、新生湯でも同じ風景である。それが、尾鷲のまちにとっては正しいといえる景観であり、勝手だけれど、それが未来永劫続いていくのが、あるべき尾鷲のまちだと感じてしまう。

もう少し、勝手に考えてみようと思う。

※松の湯が紹介されているブログやサイト(更新していきます)
・東海の名銭湯 【三重県】
 http://www.sairosha.com/meisento/mie.htm#松の湯

・行こに!三重県の銭湯!
 http://oketaro.web.infoseek.co.jp/list_file/mie/owase_matsunoyu2.htm

・日本の風景をTOEIで旅するサイクリスト
 http://hosokawa.way-nifty.com/blog/2011/01/post-b9d5.html

・歩き人ふみの徒歩世界旅行 日本・台湾編
 http://ameblo.jp/kfumi/entry-10571059135.html



by kurage874 | 2011-02-05 02:27 |  海月のぼやき
第11回みえNPO検討会に出席、しかも進行役
今日は、みえNPO検討会です。
場所は、津駅横のアスト津3階です。

下記のサイトでも、第1回目からの議事録などが参照できます。全国で活躍している率先市民が、講師役で三重県入りしています。検討会の委員についても、県内外で活躍している市民が参集しています。いつも感じますが、この場に自分自身がいることに、気合いというか背筋が真っ直ぐになります。

◆みえNPO検討会
 http://www.mienpocenter.org/kentoukai.html

◆みえNPO検討会(Twitter版)
 http://twitter.com/#!/mienpo
※主催は、NPO法人みえNPOセンター(http://www.mienpocenter.org/index.html)

今回は、私が進行役になっているので、多少なりも緊張しています。あまり考えずに、でたとこ勝負になりますが、今から楽しみです。

では、まもなく尾鷲を出発します。

by kurage874 | 2011-02-04 15:27 |  東紀州コミュニティデザイン
ピーロート・ジャパン のアンケート戦略
最近、カフェの海月宛にアンケートが届いた。

ピーロート・ジャパンってなんだ?

なぜ、こんな私にアンケートなのかと不思議に思うが、アンケートの葉書を送り返すと、多機能ポケットナイフと、8種類のワインのテイスティングをプレゼントしてくれるとのこと。

ん、テイスティングのプレゼント?

早速、ネットをググッてみると…ネットが便利と感じる瞬間だ。けっこうブログなどで同じことが書かれていた。賛否両論的な意見ですが、なんと営業マンがここまで来てくれるという。ワインを8種類も持って。

残念ながら、海月は下戸なので、ワインには興味があっても、試飲(テイスティング)はできない。好きな人にはいいだろうし、ワイン好きにはよい企画であろうが、このままにするしかない。6本単位での購入なので、まさに使いたい人にはよいだろうなあ。

しかし、こういった戦略もあるんだ。

胡散臭いと感じた海月だけど、調べて納得はした。
しかし、もう少し直球がほしいところ。
これだけだとなかなかだせないでしょ。

でも、けっこう面白そうな企画かもしれない。
ちなみに、ネットでの購入もできますよ。

◆ピーロート・ジャパン
 http://www.pieroth.jp/index.php

by kurage874 | 2011-02-04 01:20 |  尾鷲の足あと